光回線?ホームルーター(ソフトバンクエアー等)?自宅のネットの選び方

光回線 ホームルーター

昔から自宅のインターネットといえば光回線が主流ですが最近ではホームルーター(SoftBankAir、WiMAXHomeなど)と呼ばれる工事不要でインターネットができる端末が人気です。
そんな光回線とホームルーターの特徴からおすすめできる人、できない人を紹介していきます。

光回線よりホームルーター?悩んでいる人必見の選び方!

自宅のみでの利用を考えている人だと思います。最近はホームルーターの広告露出も増えている傾向からかホームルーターを検討されている方も多いと思います。

そこでどちらがいいのか?それぞれの特徴、おすすめな人、そうでない人をまとめてみました。

光回線の特徴とは?

当サイトが考える光回線の特徴を紹介します。

  • 通信速度が速い
  • 通信速度制限がほぼない※厳密にいえばある
  • 携帯電話割引の割引額が大きい
  • 工事が必要な場合がある
  • プロバイダ契約が必要な場合がある

通信速度が速い

通信速度が現状速いのはホームルーターよりも光回線のが速いです。しかも最大速度がただ速いだけでなく実際にでるスピードも光回線が速いことが多いです。
なおあくまで通信速度に関しては対応しているプロバイダにもよりけりなのであなたが利用する場所によっては最大速度というのはことなります。
もちろん最大速度だけでなく実際にでる速度というのも環境によってことなります。これは光回線、ホームルーター、モバイルルーター全般同じことがいえますね。

ただ光回線のほうが携帯の電波を使っているホームルーターはエリアだけでなく、場所、位置、建物の状況などで電波の入り具合が左右されてしまうため速度は光回線のが安定するといっていいでしょう。
なお通信速度というのは速いほうがいいのですがそこまで速くなくてもいいケースもあります。

例えばyahooニュースしかみないという人にとってはテキストベースなので閲覧するのにそこまで速度は必要としません。もちろん最低限の速度は必要としますがそ10Mbpsも実測ででていればまったく閲覧に問題ないと言っていいでしょう。

しかし昨今インターネットでYahoo!だけみるという人は少ないでしょう。画像などが多い通販サイトだけでなく今ではAmazonプライムビデオ、Netflix、Hulu、DAZNなどいろいろな動画サービスがあります。
そんな動画サービスを見ることが多いという方であればホームルーターを選ぶのおすすめ”しません”

通信速度制限がほぼない※厳密にいえばある

ホームルーターは携帯キャリアが販売しているものになるので携帯電話と同様に通信速度制限というものがあります。

SoftBankAirについては通信速度制限は一見なさそうな表記をしていますが通信の混雑状況から速度を制限する可能性があることがあるので実質的には速度制限の可能性があるという表記が正しいと思っています。(使い放題という表現が速度制限がないことを誤認をする可能性があると当サイトは考えています。たしかにパケット通信量を超過したことによる速度制限はありませんが)

ただ光回線などを含む固定インターネットにおいてもこれらは同様で通信の混雑状況においては速度を低下する場合があるとの記載があります。例えばOCNのサイトから引用すると。

他のお客さまと比べて極めて利用量が多く、帯域を占有しているお客さま(ご利用回線)であり、通常の一般的なインターネットの利用(例:動画視聴やWebページの閲覧、メール、音楽ファイルのダウンロード等 *1)には影響がでない程度の運用を行っています。<引用:https://www.ocn.ne.jp/info/rules/qualityimprovement/

しかし光回線などは混雑するという状況はみんなが使う携帯の電波に比べて限りなく少ないといえますし、光回線で速度制限になったと聞いたことはありません。かなりの
もちろん記載されている以上気をつけるべきポイントで制限の可能性はありますが光回線のがこの速度制限という点に関してはないという表現が正しいと思います。

携帯電話割引の割引額が大きい

これは確実に覚えておいてほしいことがありますそれはインターネットを契約すると携帯電話が割引が適応になることが多いことです。これは光回線もそうですしホームルーターも、モバイルWiFiルーターも同様に携帯割引があります。

料金はプランなどにもよりけりですがその割引額が大きいのは光回線です。

プロバイダによってもどこの会社の携帯電話料金が安くなるかは違うので事前に調べた上で申込みしましょう。
基本的には携帯電話と、光回線が同じ会社だと割引の適応ができます。(例:ソフトバンク+ソフトバンク光)

工事が必要な場合がある

これはデメリットとしてあげられることですが工事が必要なことがあります。工事をしたことがある人ならわかると思いますが工事って日程調整が面倒だったりします。
さらに知らない人が家の中に入って作業するというのはあまり好ましく思わない人も多いようです。

あと2月、3月などの引っ越しシーズンなんかは工事日が希望日に決まらなかったり、予定より遅れて工事になる為ネットが使えない期間があるなど引っ越し難民ならぬインターネット難民?も多いようです。大体この時期は申し込み後一ヶ月ぐらい工事までにかかることがあるようです。

なお光回線は必ずしも工事が必要というわけではありません。
マンションであればマンション単位でプロバイダ契約を結んでいるところもあり、そのような場合だと入居後すぐにインターネットができる場合があり料金は共益費や管理費などに込の場合もあります。

ちなみに似たようなケースというかほとんどは共有部まではネット回線が引いてあって後はプロバイダ契約と、各部屋までの工事が必要というもので工事にかかる時間は1~2時間ぐらいだと思えばいいかと思います。

あと大事なことを忘れていました。

工事が必要ということは工事費が発生します。これは月々の料金に加算されり最初に払ったりします。一見料金が安そうに見えても高くなるのはこの工事費が関係することがあります。

プロバイダ契約が必要な場合がある

光回線は光回線提供会社+プロバイダ契約が必要となります。よって料金はちょっと高めになったりします。光回線提供会社というのはフレッツ光、最近話題のNURO光、auひかりなどでプロバイダはOCNやソネットなどが有名、人気どころかなと思いますがこの両方との契約が必要だったりします。
ようするに2社と契約しなければならないので思ったより料金が高かったり、面倒というデメリットがあります

なお最近では光回線とプロバイダが一本化されたサービスの光コラボというのがあり回線品質はそのままに独自の料金、サービスを展開する会社が増えています。特に携帯事業者とかが力を入れてこれをやっており料金が安くなったりするケースがあるので今光コラボを利用していない人には乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

ホームルーターの特徴とは?

  • 工事不要でインターネット接続ができる
  • 設定がかんたん
  • 光回線がエリア外でも利用できる可能性がある
  • SoftBankAirはパケット通信量による通信速度制限がない

工事不要でインターネット接続ができる

ホームルーターは光回線とは違いエリア内に入っていれば工事不要で即日インターネット接続ができます。厳密にいえばインターネット環境が作れるというのが表現として正しいですね。契約した後に端末を電源に差せばインターネット環境が作れてしまいます。
工事不要というのは工事ができない寮生活している人だったり、光回線に対応していないエリアの方などにとっては重宝されるインターネット回線だと思います。

なおエリア内であっても場所によって電波の強弱は違うため通信速度については差があるので注意。

設定がかんたん

契約してからはデバイスに繋げるためにはちょっとした手順が必要ですがすべて取扱い説明書どおりにやればインターネット接続は有線もでも無線(WiFi)でも比較的かんたんにできます。

光回線がエリア外でも利用できる可能性がある

SoftBankAirも光回線は対応している地域が決まっていますが光回線に比べて圧倒的に広いのが携帯電話と同じ基地局を使うSoftBankAirです。よってエリアが対応さえしていれば光回線がひけなくてインターネット接続を諦めていた人が使える可能性がでてくるわけです!

SoftBankAirはパケット通信量による通信速度制限がない

これはSoftBankAir(ソフトバンクエアー)限定ですがパケット通信量の制限がなく利用できます。通常WiMAXとかであればパケット通信量の制限が設けられており設定されたパケット量を超えた場合には通信速度が制限されます。
しかしSoftBankAirに限ってはこのパケット量の定めがありません。ただし注意してほしいのが通信速度制限がないワイヤレスインターネットは存在しないということです。

SoftBankAirの公式HPにも記載されていますが通信状況に応じて通信速度制限の対象となる旨の記載があります。使い過ぎたお客様や基地局の通信状況が混雑している場合などがこれに該当すると思いますがこのような制限は光回線を除いてはまずあると考えていいでしょう。

関連記事

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)を契約しようと考えている人、すでに契約している人も含めてSoftBankAir(ソフトバンクエアー)の通信速度制限について紹介していきます。 SoftBank Air(ソフトバンクエアー) […]

SoftBankAir速度制限注意
光回線も各社HPを見ていると通信速度を制御する可能性はありますがモバイルWiFiルーターなどのワイヤレスインターネット全般に比べてかなり緩いものとなっています。

光回線がおすすめできる人、ホームルーターがおすすめできない人

特徴から当サイトがおすすめしたい人はこんな人です。

  • 通信速度が必要な人
  • 会社、店舗、複数人で使うインターネットを探している人
  • パケット量を気にせず安定したインターネット通信が使いたい人
  • 携帯電話割引が適応できる人

通信速度が必要な人

基本的に当サイトはホームルーターよりも光回線をおすすめします。理由としては速度の安定度は光回線が間違いないからです。

もちろん最近のホームルーターもかなりしっかりしてきているので使っていて問題あることは少ないです。しかしどちらが安定しているか?といえば間違いなく光回線でしょう。

よって速度を必要としそうな方で工事が発生しても問題ないよって方であれば光回線をおすすめします。

会社、店舗、複数人で使うインターネットを探している人

会社など事務所、店舗で複数人で使う場合のメインインターネットを探している人これは完全に光回線をおすすめします。
理由は複数人で使う場合には通信量が多くなるだけでなく通信速度を必要とします。通信速度はホームルーターでも満足いく速度がでているかもしれませんが、安定感が違います。

それにホームルーターはスマホと通信と同じ通信を利用するのでイメージしやすいと思いますが、電波なので安定感が違うのと通信速度制限があります。SoftBank Airは通信速度制限はありませんが通信速度を制御する可能性を示唆しています。これは通信内容や通信が混み合っている時限定ですが、事業用で使うなら少しでも速度が制御される可能性があるインターネットはやめた方がいいと思います。

パケット量を気にせず安定したインターネット通信が使いたい人

このケースについても光回線をおすすめします。光回線ならパケット量による通信速度制限はありません。

ただあまりにも大容量の通信を行う場合には速度制限がありますが普通に利用する分においては問題ないと言ってもいいでしょう。なお同様にSoftBank Airはパケット通信量による通信速度制限がないホームルーターですが、利用する時間帯、利用する内容によって速度を制限される可能性はあります。光回線に比べてこちらの方は携帯電話の基地局を利用している関係上シビアなはずなので注意しましょう。

携帯電話割引が適応できる人

ホームルーターでも携帯電話割引があるのですが光回線などの固定インターネットとの組み合わせた場合の割引額の方が大きくなりやすいです。携帯電話割引を適用できるかできないかはあなたがお持ちのスマホの会社と同じ会社の光回線を申し込むと割引が適用される可能性が高いです。

これについては使っている携帯電話によってよりけりですから一度確認されることをおすすめします。

ホームルーターがおすすめできる人、光回線がおすすめできない人

  • 工事をしたくない人、できない人
  • 光回線がエリア対象外の人
  • ランニングコストを下げたい

工事をしたくない人、できない人

気軽にインターネット回線を引きたい人には工事不要というのはホームルーター(SoftBankAir)やモバイルWiFiルーターがメインとなります。もちろん先ほど紹介したようにマンションの共益費、管理費に込で各部屋までネットが引いてある場合はありますがそのようなマンションでない場合とかだとホームルーターをおすすめします。

ただ新生活の引っ越し時期で工事する時間がない!すぐに使いたいという方で急いでホームルーターを契約してしまうのはあまり得策とはいえません。
ホームルーターでなくともモバイルWiFiルーターであれば工事不要で使えますし、工事が混み合っていて中々ネットを繋げれない期間があったとしても料金はちょっと割高ですがレンタルWiFiなどを活用するなどなんとか工事までの期間を乗り越える方法だってあります。焦らずにしっかり考えて契約することをおすすめします。

光回線がエリア対象外の人

光回線がエリア外の人は他のインターネット回線を探さなければなりません。そこで有力候補となるのがホームルーター(SoftBankAir)やモバイルWiFiルーターです。
エリアが広いのでそのキャリアの携帯電話が使える場所であれば大体利用できると考えてください。WiMAXならWiMAXの対応エリアを確認していただきピンポイントでエリア判定ができます。
光回線を諦めていた地域の人にとってはホームルーターはおすすめできると言っても過言ではありません。

ランニングコストを下げたい

光回線と比較して月々の料金が安いのはホームルーターのが安い傾向にあります。※SoftBank Airは契約によってはかなり高くなるので注意。

しかしあくまで使う場所やサービスによってよりけりなので一概にはいえません。光回線はみなさんの中でも料金が高いというイメージもありますが最近はホームルーターと比べてかなり近い値段となってきています。使う場所によって契約できる会社は違いますし、携帯割引の適応で料金が安くなることもありますから値段で悩まれる方は事前に光回線+携帯料金とホームルーター+携帯料金で比較してから選ばれるといいでしょう。

ホームルーターとモバイルWiFiルーターの違いとは?

これは別記事でしっかりと紹介しますがかんたんにホームルーターとモバイルルーターの違いを紹介します。
結論から言えば

  • 外で使えるか、使えないか、
  • 自宅に特化しているか、していないか

この2つです。通信速度、料金に違いはなくホームルーターは基本バッテリーを搭載していないのとサイズが結構大きいのでそもそも持ち運びはできません。AC電源がとれる場所でしか使えません。速度も料金も同じなら自宅でも外でも使えるモバイルWiFiルーターのがいいんじゃないか?と多くの方が思うと思いますが、一応自宅利用に特化していて電波の出力が大きいので家の中でも使える範囲が広いというのが特徴といえます。

あとデザイン性に優れているのでインテリア映えはします。これは個人的な感想ですが…ただどちらがいいかといえばモバイルWiFiルーターかなと思います。理由は簡潔に言えば通信品質に大差はない中で利便性に優れているからです。

関連記事

今SoftBank Air(ソフトバンクエアー)やWiMAX(ワイマックス)のホームルーター、WiMAX HOME 02やL-02が人気となっています。 確かにいい商品ですがモバイルWiFi端末に比べてホームルーターは本当におすすめか?と[…]

ホームルーター モバイルWiFi おすすめ

光回線の契約方法と手順

  1. 大家さんもしくは管理会社に光回線の契約に関する確認(許可)をする。
  2. 光回線のサイトで対応しているか確認
  3. あなたが使っている携帯電話と割引ができるプロバイダか確認
  4. 契約は家電量販店やネットで可
  5. 工事日を決め、工事をしてもらう

契約時の注意事項

  • オプションに強制加入するような会社では申込みしない。
  • 高額キャッシュバック目当てに不要なオプションに加入しない※冷静になって考える
  • 新生活時期(2、3、4月)は回線契約が混みあい工事の日程が遅れることが多いです。

ホームルーターの契約方法と手順

  1. ホームルータを展開しているソフトバンク、UQコミュニケーションのサイトでエリア確認
  2. 契約は家電量販店やネットで可

ホームルーター契約時の注意事項

  • 端末代金、月額料金、契約解除料金、キャンペーン適応時には適応条件をしっかり確認する。
  • WiMAXのホームルーターであればピンポイントエリア確認で△はやめておく
  • 使い放題という文言に注意!通信速度を制御する可能性に関してもしっかり理解する。

まとめ

  • 光回線、ホームルーターにそれぞれ特徴がある
  • 光回線は基本的に速度制限がない為パケット通信量が多い人や安定して使いたい人向け
  • ホームルーターは工事をしたくない人向け
  • 光回線、ホームルーターそれぞれに使っているスマホによって割引が適用できることがある
  • 契約にはそれぞれ注意しよう
  • 光回線は2、3、4月の新生活時期は混み合うことが多いから注意
error: Content is protected !!