光回線?モバイルルーター?インターネット回線の選び方!

このページでは当サイトが現時点で考えるインターネット回線の選び方、各インターネットの特徴、選び方、注意点や購入先の決め方などを要約してまとめたページとなります。

目次

当サイトが考えるインターネット回線の選び方

下記のインターネットの中から当サイトが現時点で考える最適なインターネット回線の選び方をまとめてみました。

  • 光回線
  • モバイルWiFiルーター(WiMAX、ソフトバンク、楽天モバイル、docomoなど)
  • クラウドSIMモバイルWiFiルーター
  • ホームルーター

本来であれば細かいところまで伝えたいのですがかなり要点をまとめて紹介しています。※それでもかなりのボリュームとなってしまいました。

過去に当サイトで紹介している記事内容と若干異なるかもしれませんがこの記事が今の考え方であり最新の内容ですので参考にしてみてください。

なお新しいプランなどの影響により考え方が変わったら随時更新していきます。

インターネット回線の選び方まとめ

  1. 誰が、どこで、どのように利用するか用途を明確にする
  2. 家族で利用したい、動画をたくさんみたい、ゲームをやりたいなどであれば速度制限がほぼない光回線がおすすめ
  3. メイン回線を選ぶなら最も安定している光回線で決まり!
  4. 光回線エリア外の場合はモバイルWiFiルーター、ホームルーターで検討する
  5. 自宅+外出先で利用を検討しているならコストは高いが光回線+モバイルWiFiルーターが無難
  6. 一人暮らしだったり、利用するデータ通信量によっては光回線以外もおすすめ
  7. スマホセット割が適用できる可能性があるので同じキャリアのインターネット回線を調べることをおすすめ!※プランによって適用できるできないがあるから注意

1:誰が、どこで、どのように利用するか用途を明確にする

なぜ用途を明確にする必要があるのか?あなたの利用環境、利用する内容によっておすすめできるインターネット回線が変わってくるからです。

インターネット回線を契約することでたくさんの映画を観たい、ゲームをやりたいということであれば通信速度が必要となるので速度制限が設けられていない光回線がおすすめです。

しかしあまりネット回線を契約してもデータ量を利用しないケースや、外でも利用したいということであればモバイルWiFiルーター、クラウドSIMモバイルWiFiルーターもおすすめといえます。

用途をしっかりと決めることはインターネット選びに失敗しない為にも非常に大事なポイントだと思います。

2:家族で利用したい、動画をたくさんみたい、ゲームをやりたいなどであれば速度制限がほぼない光回線がおすすめ

今の世の中としてはネット接続できるデバイスの増加、ネット接続をして行う際のコンテンツの量の増加、データ容量を大く利用する動画などが一般的になったことにより通信速度が必要となる場合が増えています。

ここでやっかいなのがスマホとかで馴染みがある通信速度制限です。

通信速度制限は通信量に応じて速度を制限する場合と、周りの環境に応じて速度制限する場合などがあります。制限になると制限後の通信速度が全くネット接続ができないケースもあればyoutubeの標準画質程度であれば一応閲覧できるレベルなど様々ですが、せっかくネット回線を契約するのであれば制限がない光回線がおすすめです。

この通信速度制限があるのはモバイルWiFiルーター、クラウドSIMモバイルWiFiルーターとなっており全くおすすめできないわけではありませんが無難でかつあまり後悔しないのが光回線だと思います。

3:メイン回線を選ぶなら最も安定している光回線で決まり!

メインのインターネット回線として選ぶのであれば間違いなく光回線だと思います。

理由は回線としての安定感が抜群で、外部環境の影響を受けにくかったり、パケット通信量をほとんど気にすることなくネット接続ができるという点でモバイルWiFiルーター、クラウドSIMモバイルWiFiルーター、ホームルーターと比べると優位性が高いといえるからです。

4:光回線エリア外の場合はモバイルWiFiルーター、ホームルーターで検討する

光回線は以前よりもかなり整備されていますがまだエリアとして利用できない場所があります。そのようなエリア外の場所においてはモバイルWiFiルーター、ホームルーターなどであればネット接続ができる可能性が非常に高まります。

ただ注意したいのがエリア内であれば必ず利用できるというわけではなく周りの環境によって左右されるので、満足できるほどの通信速度がでるかどうかは使って見ないとわかりません。

もし契約するのであればモバイルWiFiルーターであればレンタルサービスが充実しているので一度レンタルして利用してみてもいいかもしれませんね。

なおあなたが利用している携帯キャリアと同一の回線で電波状態に問題がないのであればかなり高い確率で利用できます。※ただし速度制限などの影響を受けていないことが前提となります

5:自宅+外出先で利用を検討しているならコストは高いが光回線+モバイルWiFiルーターが無難

当サイトとしては外出先でも利用したいという方であればインターネット回線をモバイルWiFiルーターで一本化するというよりは光回線+モバイルWiFiルーターを契約するほうをおすすめしています。

正直料金は高くなりますがストレスなく利用できると考えます。

今の時代だとやはり利用できるデバイス数の増加、そしてインターネットでできること、データ量を多く利用するコンテンツが増えているので総合的に考えるとメインインターネット回線は通信量の影響を受けない光回線が一番だといえます。

6:一人暮らしだったり、利用するデータ通信量によっては光回線以外もおすすめ

一人暮らしだったり、あまりデータ量を利用しないなど用途がはっきりしていてかつその用途も契約期間内で変わらない可能性が高い方であれば自宅+外のインターネット回線としてモバイルWiFiルーター、クラウドSIMモバイルWiFiルーターのみで選択してもいいと思います。

モバイルWiFiルーターも回線によっては徐々に速度制限が緩和傾向にありますから、人によっては速度制限の対象とはならない使い方ができるかもしれません。

7:スマホセット割が適用で選ぶ

今インターネット回線の選び方として大事なのがインターネット回線とお使いのスマホと、同一のキャリア(グループ会社含む)にすることでスマホの料金が割引になるというスマホセット割があります。

スマホセット割は対象プランに加入している必要があるなど条件がありますが割引となると家族分も割引できるケースもありトータルの通信費がかなり安くなります。

このスマホセット割が適用できるインターネット回線を選ぶというのはインターネット選びの今の主流となっています。

ただ注意したいのがスマホのプランによっては適用外だったり、光回線とモバイルWiFiルーターとでは適用できる割引が違うことがあります。

光回線とは?

光回線とは?

一般的なインターネット回線で多くの人が利用しているのがNTTが提供している光回線です。光ケーブルが整備されている地域であって、そのケーブルを電柱から宅内に引き込む工事を行い自宅でインターネットができるようになります。

フレッツ光はNTTが提供しているサービスで、最近よく耳にする光コラボというのはNTTから回線を借りて自社のサービスとして販売している事業者が提供する光回線となります。

使っている光ケーブルは同じですが、サービス料金や独自サービス面で違いがあり、特にスマホセット割引などが適用できるケースが多く適用することでトータル通信費を削減できる可能性があります。

光回線の特徴

  • メインインターネット回線向け
  • 通信速度は速く、安定している
  • 工事が必要なケースがほとんど※費用も発生
  • 通信速度制限がほぼない
  • エリアが整備されていない地域もある
  • 設定はやや難しい
  • 配線が多い傾向にある

光回線の失敗しない選び方と注意点まとめ

  1. エリア確認を行い加入できる回線を確認する
  2. スマホセット割引きの適用で選ぶ※家族でまとめるとかなり割引が大きくなるのでおすすめ
  3. 春頃は特に契約~工事日までの期間が長くなるから注意

1:エリア確認を行い加入できる回線を確認する

どのインターネット選ぶにしても基本中の基本ですが、まずはあなたがインターネットを利用したい場所が光回線の適用エリアなのか?を調べましょう。

2:スマホセット割引きの適用で選ぶ※家族でまとめるとかなり割引が大きくなるのでおすすめ

次にスマホセット割引が適用できるかどうかの確認をしましょう。

確認方法はdocomoをお使いの方はドコモ光、auをお使いの方はauひかり、ソフトバンク、ワイモバイルの場合はソフトバンク光といったようにその携帯会社が提供する光回線にすることでスマホの月額料金が割引できるようになります。

会社によっては複数回線適用できることもあるので家族で携帯電話を利用している方であればかなりの割引となり、通常通り光回線とスマホを契約するよりも両方とも同じ会社の回線を申し込むことでトータルコストが削減できます。

ただ注意点はあなたが加入しているプランが適用外の場合もあるのでまずは調べてみることをおススメします。

3:春頃は特に契約~工事日までの期間が長くなるから注意

光回線はほとんどの場合に工事が必要となります。

工事自体は基本的にはそこまで難しいものではありませんが、申込みしてすぐに工事してもらえるわけではなく契約後、工事日を決めてかつ、立ち合いが必要だったりします。

さらに春頃は新生活需要期となるのでかなり工事日が遅れる傾向にあります。場合によっては2ヵ月程工事にかかったというケースもありますから春頃申し込みする場合には注意が必要です。

なお仮に工事が発生して工事日まで時間がかかるとその間インターネット回線がない状態になります。そこで一部会社ではホームルーターを無償で貸出ししてくれるサービスなどもあるようですから、もし春頃に申込みする場合には確認しておくといいでしょう。

光回線の代理店、契約する場所の選び方

  1. 不要なオプションは入らない
  2. 悪質な代理店もあるので契約する会社に注意する
  3. キャリアから表彰されている会社を選ぶ
  4. ネット申込みはお得だが説明が少ないなどの注意点があるので、心配な方は店舗で契約がおすすめ
  5. 高額キャッシュバックキャンペーンは貰い忘れが多いからおすすめしない

1:不要なオプションは入らない

携帯電話でもインターネット回線でもそうですがキャリアや代理店はオプションを付けたいという思惑があります。

オプションを付けることで評価されたりする仕組みがあるからなのですが、キャンペーンといいつつ不要なオプションをたくさんつけてくるケースがあります。

昔に比べるとこのような手法はかなり少なくなっていますが、もしあなたが契約する際にこのようなオプションの加入が必要なケースは要注意です。

もちろん必要なオプションであればいいのですが、初月は無料といううたい文句で加入すると外し忘れたりする可能性もあります。できる限り入らないようにしましょう。

2:悪質な代理店もあるので契約する会社に注意する

光回線の代理店はかなり悪質な代理店も多いです。特に注意したいのが電話営業、飛び込み営業などです。このような営業手法で勧誘された場合にはトラブルも多く報告されており絶対に契約しないようにしましょう。

他にも家電量販店、ネット申込みでも契約することはできますがキャンペーンなどでオプションをたくさん付けたりしてくる会社は注意が必要です。

3:キャリアから表彰されている会社を選ぶ

稀にキャリアから表彰されている会社がありますがこのような会社を選ぶと安心して申込みできると思います。

どんな会社でも表彰されるわけではありませんし、キャリアが表彰するということはその会社お墨付きの会社だといえるのでおすすめです。

4:ネット申込みはお得だが説明が少ないなどの注意点があるので、心配な方は店舗で契約がおすすめ

料金的なことだけで言えばネットで契約したほうがお得なケースがほとんどです。理由は簡単で販売員などの人件費がかからなかったり、簡単にキャンペーンを比較することができるので競争原理が働き各社キャンペーン内容に力を入れるからです。

ただしネット契約をする際に気を付けなければならないのが自分で内容を理解する必要があるということです。

料金、契約期間、工事費、工事までの期間、制限、オプション、解約、解約手数料、キャンペーン内容、キャンペーン適用条件など簡単に項目をあげてみましたがこのようにたくさんの内容を把握する必要があります。

もちろんお問合せ窓口があるケースもありますが基本的には説明はないと思っていいと思います。

知らない人からすれば本当に日本語なのか?読むのも億劫になってしまうという方もいると思いますので。

もしあなたが理解できる「自信がない」「ちょっと心配だなぁ」ということであればネット申込みするよりは家電量販店などの店舗で直接販売員さんに質問、説明を受けながら申込みするといいかもしれませんね。

5:高額キャッシュバックキャンペーンは貰い忘れが多いからおすすめしない

高額キャッシュバックキャンペーンというのは他のキャッシュバックと比較しても多いキャンペーンのことをいいますが、このようなキャッシュバックキャンペーンは貰える条件が厳しかったり、貰えるための手順がややこしい、貰えるために手続きの期間が短いなどが挙げられ実際に受け取れなかったというケースも多いようです。

過去には問題になったようなキャンペーンですからできる限り避けたほうがいいキャンペーンと言えます。ただしそれでもどうせ貰えるならということで申込みする時はしっかりと理解、把握してから申込みするようにしましょう。

 

モバイルWiFiルーターとは?

モバイルWiFiルーターとは?

通信キャリアの通信網を利用することで工事不要のインターネット環境が作れる端末。日本では2009年頃から発売されている。

手軽なインターネット回線で通信速度も光回線ほどではないが申し分ない為人気があります。

しかし昨今は接続できるデバイスの増加、データ通信量を多く利用するコンテンツの増加などで通信の安定性や通信速度制限があるのでメインインターネット回線としてよりはサブ回線での契約がおすすめ。

提供している会社は大手通信キャリアのソフトバンク(ワイモバイル含)、ドコモ、au(WiMAX含)、楽天モバイルが一般的。一番人気はWiMAX。

モバイルWiFiルーターの特徴

  • 持ち運べる為、利便性が高い
  • 通信速度は光回線と比べると不安定
  • 通信速度制限がある
  • 工事不要、即日インターネット
  • 設定は光回線と比較すると簡単
  • 配線がごちゃごちゃしない

モバイルWiFiルーターの失敗しない選び方と注意点まとめ

  1. 誰が、どこで、どのように利用するか用途を明確にする
  2. 通信速度制限は必ずある
  3. 無制限、使い放題などの表記に注意※よく調べると制限はある
  4. スマホセット割が適用できるかも?スマホのキャリアと同じモバイルWiFiルーターを選択肢に!
  5. 迷ったらWiMAXが間違いない!
  6. 楽天モバイルのモバイルWiFiルーターはリスクが少なく利用できる為サブ回線利用者におすすめ
  7. モバイルWiFiルーターで自宅+外もということならWiMAXギガ放題プラスに加入できる5G対応端末がおすすめ
  8. 車の中でWiFi環境が欲しいなら車載WiFiルーターもおすすめ
  9. モバイルWiFiルーターはエリア内でも実際には使えない、速度がでない場合もある
  10. モバイルWiFiルーターは契約前にレンタルがおすすめ※WiMAXは公式サービスである
  11. モバイルWiFiルーターのメーカーで聞いたことがないようなメーカーは初期不良、電波の掴みが弱いこともある
  12. WiMAXを契約するのであればピンポイントエリア判定が必須※△以下は利用はできないと考えたほうがいい
  13. 端末代金が発生する!場合によっては高額になりやすい

1:誰が、どこで、どのように利用するか用途を明確にする

光回線でも紹介しましたがまず最初に利用する用途を明確にする必要があります。理由としてはあなたの利用環境、利用する内容によっておすすめできるインターネット回線が変わってくるからです。

複数人で利用したり、映画、動画をたくさんみたい、自宅で仕事をするという方であれば通信速度が安定しており利用制限がないような光回線がおすすめです。

ただ一人暮らしで今後も引っ越す予定がある人や、あまりデータ通信量を利用しないだろう人などは利便性などを考えてもモバイルWiFiルーターとかでもいいと思います。

あくまで一例ですが用途を明確にするとまず光回線にするか?モバイルWiFiルーターにするか?などが決まるのであなたに適したインターネット回線がおのずと見つかると思います。

2:通信速度制限は必ずある

モバイルWiFiルーターは通信速度制限が必ずあると考えていいです。

通信速度制限は主に3つあります。

  1. 月で決められたパケット量を超えた際の制限
  2. 3日間で決められたパケット量を超えた時の制限
  3. 混雑時、違法な通信などを行う利用者を事業者判断で制限

①、②のように決められた通信量を超えた際に速度制限の対象となる場合もあれば、③のようなパターンもあります。そして③のようなパターンはほぼすべてのモバイルWiFiルーターにあると考えてください。

そしてこの制限は実際にどのような基準で制限になっているか明確ではないですし、利用者側で判別しようがない制限となるので注意しようがない制限といえます。

昨今基地局が整備されてきているので管理人の中では昔に比べると混雑時の制限は緩和されている傾向にあるのかな?とは思っていますが、それでも様々な口コミや情報からまだまだこのような制限は行われていると思います。

もしあなたが制限があると困る!ということであればモバイルWiFiルーターは適していないと思いますので自宅でしか使えない光回線か、光回線をメインにサブはモバイルWiFiルーターやテザリングなんて選択肢もいいと思います。

3:無制限、使い放題などの表記に注意※よく調べると制限はある

以前よりは少なくなったような気がしますが無制限とか、使い放題とかの表現には注意しましょう。バナー広告とかでよくでてくるのですがこのような表記があっても実際には先ほども紹介したように通信速度制限が設定されていることがほとんどです。

実際に使い放題という表現に関しては、通信速度制限になったとしてもインターネットは使えるという意味では使い放題かもしれません。

ただし私たち消費者の使い放題は速度制限がなく利用できることだと思っているわけでこのような表現は正しくないと言えます。

4:スマホセット割が適用できるかも?スマホのキャリアと同じモバイルWiFiルーターを選択肢に!

最近のインターネット回線選びの基本となるのがスマホと同じキャリアにすることです。モバイルWiFiルーターであれば同じキャリアにすることでセット割引が適用になるので普通にモバイルWiFiルーターを契約するよりもお得に利用できる可能性が高まるからです。

ただ注意したいのがスマホセット割は光回線でも同様に適用できるのですが光回線とセットにした方が割引が大きい場合があるのと、セット割引を適用するにはインターネット回線とスマホのプランがどちらも対象プランであることが条件ですから契約前によく調べてから契約しましょう。

5:迷ったらWiMAXが間違いない!

モバイルWiFiルーターはWiMAX、楽天モバイル、ソフトバンク、ワイモバイル、ドコモ、auだけでなくMVNOなどを展開する格安SIM業者もモバイルWiFiルーター+SIMのセットで販売していますし、後ほど紹介するクラウドSIMモバイルWiFiルーターも最近では再び人気がでています。

選択肢がありすぎて正直悩んでしまうという方であればWiMAXか楽天モバイルを軸に検討してみてもいいと思います。

WiMAXはそもそもモバイルWiFiルーター業界では圧倒的No.1で、実績などを含めると他社よりも優れていると言っても過言ではありません。最近発売されている5G対応端末であれば加入できるプランギガ放題プラスでは通信速度制限が以前よりも緩和されておりメインインターネット回線として以前よりおすすめできる内容となっています。

6:楽天モバイルのモバイルWiFiルーターはリスクが少なく利用できる為サブ回線利用者におすすめ

先ほど迷ったらWiMAXがおすすめといいましたが、もしサブ回線のモバイルWiFiルーターを探しているのであれば楽天モバイルがかなりおすすめといえます。

理由としては楽天モバイルはまだ通信キャリアとしては日が浅いですが、あまりまだ実績がない分かなり破格なキャンペーンを展開しています。

モバイルWiFiルーターでも適用できるキャンペーンとなっているので料金的にもかなりお得なモバイルWiFiルーターといえます。

ただまだエリアが怪しいのと料金的にも、エリア的にもメインインターネット回線としてはおすすめはしませんが、サブ回線としては断然おすすめできるモバイルWiFiルーターといえます。

当サイトの別記事でも紹介していますがかなりリスクが低いモバイルWiFiルーターとなっているので迷ったら購入してもいいかもしれません。

7:モバイルWiFiルーターで自宅+外もということならWiMAXギガ放題プラスに加入できる5G対応端末がおすすめ

モバイルWiFiルーターを探していて自宅も外でも利用したいということであれば今までのWiMAXよりも使えるデータ量が多いWiMAXの5G端末でギガ放題プラスに加入することをおすすめします。

理由は自宅+外出先ということであれば利用するデータ通信量が多くなる可能性があるので従来よりも通信速度制限の対象となりにくギガ放題プラスがおすすめといえます。

8:車の中でWiFi環境が欲しいなら車載WiFiルーターもおすすめ

最近はナビ自体もWiFi接続ができますし仮にナビに接続しなくても接続することができるデバイスが増えています。さらには家族でのおでかけで同乗者がWiFiを使いたいなどの需要は多くなっており車内でWiFiを利用したいという需要も多いと思います。

もしあなたが車の中でWiFi環境が欲しいのであればモバイルWiFiルーターもいいのですが車載WiFiルーターをおすすめします。

プランやエリアもそうですが何よりも車載用と普通のモバイルWiFiルーターでは端末の適用環境が異なります。

日本の暑い夏を想像してもらうとわかると思いますがもしモバイルWiFiルーターを車で使う方で万が一置き忘れてしまったら想像するだけでも恐ろしいですよね?モバイルWiFiルーターはバッテリーが搭載されているので危険ですが車載用ルーターはバッテリーは搭載していないだけでなくそもそも車載WiFiルーターはそれなりの環境に対応してつくられています。

そこで車内という特殊な環境でWiFi環境を作るのであれば車だけでしか利用できませんが車載用WiFiルーターにするのもおすすめです。

9:モバイルWiFiルーターはエリア内でも実際には使えない、速度がでない場合もある

光回線であれば事前に確認したエリアがサービス提供エリア内で工事ができるのであればインターネット接続ができるようになりますがモバイルWiFiルーターはそうではありません。

仕組みとして携帯電話と同じですからエリアが対応しているような場所でも外部環境の影響によって圏外だったり、使えても通信速度があまりでないということが考えられます。

せっかく契約したのに利用できなかったら困るという方に当サイトがおすすめしているのが事前レンタルサービスです。

あなたが検討している同一のキャリアのモバイルWiFiルーターレンタルして利用することで実際にエリアに対応しているのか?通信速度がでるのか?などを確認することができます。

他にもインターネット回線には初期契約解除という方法があり決められた期間内であれば、エリア外などを理由に契約を解除することができいます。

条件だったり注意点もありますがこのような方法をとると契約したのにも使えなかったということが少なくなると思います。

10:モバイルWiFiルーターは契約前にレンタルがおすすめ※WiMAXは公式サービスである

先ほども紹介していますが基本的に契約前に必ず使えるか心配な方は使って見て確認する方法しかありません。そこでおすすめしたいのがレンタルサービスです。

あなたが購入を予定している会社でかつ同じ通信方式を利用しているモバイルWiFiルーターをレンタルしてみると実際の電波状況などを調べることができます。

なおWiMAXはTry WiMAXと言って公式サービスとして15日間無料レンタルすることができるサービスを実施しています。クレジットカードの登録などの利用条件はありますが無料で実際のWiMAXを利用できるのは購入後のトラブルを限りなく少なくできるのでおすすめです。

ただ注意したいのが最新の端末はレンタルサービスにはラインナップとしてはないことです。発売後しばらくしないとレンタルできない上に最新端末は当然人気となるので在庫がないことも多々あります。

WiMAX以外は有料のレンタルサービスを利用してレンタルすることになり期間にもよりますがかなり割高なレンタル料となっています。しかしそれでも購入後電波の入りが悪いなどの状況になるよりは実際に利用してみて判断した方がいいと思うのでおすすめといえます。

レンタルサービスを活用するにはできる限り同じ通信方式を採用している端末を選ぶようにしましょう。利用できる通信が違えば実際の端末とは使用感が異なることもあるので、同じ通信方式を利用している端末をレンタルするようにしましょう。

11:モバイルWiFiルーターのメーカーで聞いたことがないようなメーカーは初期不良、電波の掴みが弱いこともある

モバイルWiFiルーターでどの端末がいいか悩んだときはなんとなく聞いたことがあるようなメーカーを選びましょう。

もしメーカーとかあまり詳しくない方はできる限り過去にその通信キャリアで取扱いのあるメーカーなどを選ぶと間違いありません。

昔と比べるとかなり減りましたがあまりよく知られていないメーカーだと端末の不具合、初期不良も多い傾向がありますし同じ通信速度でも電波の掴みがあまりよくないが為に通信速度に差がでたりします。

できる限り有名なメーカーを選択するようにしましょう。

12:WiMAXを契約するのであればピンポイントエリア判定が必須※△以下は利用はできないと考えたほうがいい

WiMAXを契約するのであればピンポイントエリア判定といってエリアマップ内で○、△、×でハイスピードモード(WiMAX2+)利用時の通信環境を調べることができます。

△以下でも使える可能性はゼロではありませんが、使えないことが多いです。

もちろん今WiMAXは複数の通信方式があるのでハイスピードモード(WiMAX2+)で利用できなくても他のau LTE回線を利用する通信モード(5G対応端末であればスタンダードモード、プラスエリアモード、5G非対応端末であればハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE))であればハイスピードモード(WiMAX2+)が△、×で実際に利用できないエリアでも利用できることもあります。

ただしプラスエリアモード、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)は利用にあたってオプション料が月/1100円ほど発生するのと月間通信速度制限の対象となる条件になりますから利用に関しては注意が必要です。

5G対応端末はスタンダードモードであればWiMAX2+、au LTE回線、au 5Gの回線に対応しているので使える可能性が高まりますが、現在は5Gエリアはまだまだ狭いでしょうしau 4G LTEエリアが必ずしも対応しているわけではありませんから注意が必要です。

13:端末代金が発生する!場合によっては高額になりやすい

モバイルWiFiルーターは端末代金が発生しますが端末はキャリア系のものは基本高い傾向にあります

※稀に安価なモバイルWiFiルーターを取扱うこともあります。

当然ですが古い端末ほど端末価格が下がる傾向にあり、端末の性能などを比較しても差がなければ旧機種の端末を検討してみてもいいと思います。

なお端末代金の購入方法は一括や分割とあり分割にした場合には支払い回数に注意しましょう。

支払い回数の途中で解約となると高額な違約金が請求されることになりますから、端末の購入方法と自身が利用する期間などをよく考えてから購入することをおすすめします。

モバイルWiFiルーターの契約する場所の選び方と契約時の注意事項

  1. 不要なオプションは入らない
  2. 高額キャッシュバックキャンペーンは基本貰い忘れが多いからおすすめしない
  3. ネット契約は料金的にメリットはあるが説明が十分に聞けないデメリットもある
  4. ショップ、家電量販店だと契約して審査が通れば即日インターネットが可
  5. 申込みはクレジットカード限定が多い※会社によって口座振替可もある

1:不要なオプションは入らない

これはどのインターネット回線でもいえることですがあなたが必要だと思わないオプションへの加入はおすすめしません。

モバイルWiFiルーター全般に言えますがこのオプションは勧められることがよくあります。

特にキャンペーン適用条件として付与される場合や、店舗購入とかで昔多かった契約時に必須のオプションとして加入させられるものです。

中には最初の月が無料だから後で解約すれば料金的に損はないということで加入してしまう方もいますが私は解約し忘れることを考えると最初から加入しないほうがいいと考えます。

それだけでなく不要なオプションを勧めてくるような人、購入場所においては基本的には消費者のことを考えていない代理店、販売会社だと思っていいです。もちろん会社ですから利益を追求するのは悪いことではないと思いますが当サイトはそのような会社での購入はおすすめしません。

不要なものは不要ときっぱりと断わる、不要なオプションを勧めてくるような店舗では購入しないようにしましょう。

2:高額キャッシュバックキャンペーンは基本貰い忘れが多いからおすすめしない

光回線とモバイルWiFiルーターで多いのが高額キャッシュバックキャンペーンです。他のキャンペーンと比較してあまりにも特典内容が豊富だったりする場合には注意が必要です。

具体的な例でいえばよくあるキャッシュバックキャンペーンがこれに該当するのですが、高額キャッシュバックになればなるほど貰えるための条件が厳しくなります。貰えるための条件が厳しいとせっかく契約したのに特典が受取れないというケースをよく聞きます。

さらに条件が厳しいだけでなく貰えるための期間が長いことで手続きを忘れたりする人もいるようです。

それでも受取れる人中にはいますが何割かの方は貰えていないそうです。

ということであれば最初からこのようなキャンペーンを選択するのではなく、キャッシュバックが少なくても確実に貰えるような信頼できる会社で申し込んだほうが受取れない場合ケースと比較しても実際の金額面でもお得になります。

3:ネット契約は料金的にメリットはあるが説明が十分に聞けないデメリットもある

モバイルWiFiルーターは多くのケースでネット申込みが一般的となっています。ネット契約は料金的にお得に契約できるだけでなく時間の節約になったりなどのメリットがありますが、説明がないが為に自分でしっかりと読み理解する必要があります。

購入ページを見てみるとよくわかりますが小さい文字で注意書きがたくさんあり正直読むのが億劫になるぐらいです。

しかしネット契約ではそれをしなくてはいけません。契約時には必ず同意しなければいけない説明書などもあり、そこに書いてある内容については契約後に知らなかったでは済まされないわけです。

4:ショップ、家電量販店だと契約して審査が通れば即日インターネットが可

ネット申込みだと最短でも翌日届くようになっていますが、どうしてもその日からインターネットを利用したいということであれば即日インターネットが可能となる店舗(ショップ、家電量販店)での契約をおすすめします。

在庫があることと審査に通れば申込みしてから大体1時間後ぐらいには商品を受取って利用することが可能となります。

5:申込みはクレジットカード限定が多い※会社によって口座振替可もある

モバイルWiFiルーターの多くはクレジットカード契約が必須というケースがあります。支払い方法がクレジットカードであれば特に気にする必要はありませんが、まだまだクレジットカードに対して苦手意識を持っているかたもいると思います。

そんな方は口座振替となりますが申込みできる会社が限られていますから最初に支払いできる方法を調べてからキャンペーンを探すなどをするといいかもしれません。

あと口座振替の場合手数料がかかる場合や無料の場合もありますし、口座振替をした場合でも口座登録が完了するまでには請求書払いとなりコンビニとかで払う必要がでてきます。その場合は手数料が発生することがほとんどですのでその辺りも注意しましょう。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターとは?

クラウドSIMモバイルWiFiルーターとは?

1,2年ほど前から急速に増えているモバイルWiFiルーター。通常のモバイルWiFiルーターとの大きな違いはクラウド上で各キャリアのSIMを管理して自動で最適な回線を選択してくれるというものです。

理論上はエリアが広く便利なモバイルWiFiルーターだが、昨年は大問題がおき行政指導の対象となった会社もある。

豊富なプランがあり契約期間もバラバラ。申込みには注意点も多いので慎重に契約をおすすめ。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの特徴

  • 契約できる会社、プランが多い
  • 通信速度は光回線と比べると不安定
  • 通信速度制限がある
  • 通信速度はキャリアの提供するモバイルWiFiルーターと比べると遅い
  • 工事不要、即日インターネット
  • 設定は光回線と比較すると簡単
  • 配線がごちゃごちゃしない

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの失敗しない選び方と注意点まとめ

  1. 様々な会社、契約プランがあるのであなたの使い方など利用用途、期間などを明確にしておくことが大事
  2. 選択肢が多いが会社によって日割りあり、なし、解除料金が大きく違うなど細かい部分で差があるのでしっかり比較検討する必要がある
  3. クラウドSIMモバイルWiFiルーター最大の通信速度は遅い傾向にある
  4. 会社規模が小さい会社も多く取り扱っており一部の会社は信頼がおけない
  5. クラウドSIMモバイルWiFiルーターは実際の運用がブラックボックスな部分もある為注意が必要
  6. クラウドSIMモバイルWiFiルーターでスマホセット割はほぼないのでトータルでキャリア系モバイルWiFiルーターの方が安くなる場合がある
  7. サービス名称は異なるが実際の回線、大元となる会社は同じことも多い。
  8. 過去の事例から将来的にサービス内容が変わる可能性もある

1:様々な会社、契約プランがあるのであなたの使い方など利用用途、期間などを明確にしておくことが大事

クラウドSIMモバイルWiFiルーターに関しては多くの会社がサービスを提供しています。通信速度などの内容は似ていますが、サービス提供している会社の規模は大きいものから小さいものまで様々ですし、そもそも契約期間、利用できる月間通信量、料金はもちろんのこと様々です。

迷ってしまわない為にもできる限り自分の使い方をはっきりとさせておく必要があると思います。

2:選択肢が多いが会社によって日割りあり、なし、解除料金が大きく違うなど細かい部分で差があるのでしっかり比較検討する必要がある

先程も紹介したように通信速度、端末などはどこも同じような基準となっています。

しかし大きく違うのが料金面です。

とくに料金面では単純に月額料金を比較するのではなく日割りのあり、なし、送料の有無、解約時の料金、端末返却の有無、返却に係る送料など本当に細かい部分で比較検討してもらうといいと思います。

日割りがない場合であれば月初に申し込みするほうが圧倒的にお得ですし、解約手数料も少ないほうが万が一期間満了前に解約することになっても負担が少なく済みます。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターは迷ってしまうくらい多くの会社が提供しているので比較するのは面倒かもしれませんが、しっかりと細かい部分まで調べて比較するといい思います。

3:クラウドSIMモバイルWiFiルーター最大の通信速度は遅い傾向にある

下り最大通信速度はWiMAX、docomo、ソフトバンクなどの通信キャリアが提供するモバイルWiFiルーターと比べると遅い傾向にあります。ただこれはあくまで理論上の通信速度となりますので、実際の通信速度が遅いかどうかはその環境によって変わってきます。

今現時点でクラウドSIMモバイルWiFiルーターは多くの端末が最大下り通信速度150Mbpsとしておりこれが基本となっています。

4:会社規模が小さい会社も多く取り扱っており一部の会社は信頼がおけない

クラウドSIMモバイルWiFiルーターは2020年春に一部の会社が問題を起こしているのでまだそのイメージがある人も多いかもしれません。

問題が起こったことで良くなっている部分もあるかもしれませんが、販売ページの内容で知りたい内容が網羅されていなかったり、規約の記載が間違っていたり、会社規模感を見ていると正直信頼していいのか?不安になるような会社もあります。

申し込みする場合にはまずどんな会社が運営しているのか?などを含めて検討してもらえたらと思います。

5:クラウドSIMモバイルWiFiルーターは実際の運用がブラックボックスな部分もある為注意が必要

クラウドSIMモバイルWiFiルーターは簡単に説明するとソフトバンク、docomo、auなどの通信キャリアのSIMをクラウド上で管理しており利用者の使う場所において最適な通信を選択してくれる仕組みとなっています。

一応サービスの建前上は最適な通信を選択しているとのことですが実際には利用者側にはわからない内容となっています。一部ではソフトバンク回線に繋がりやすいとも言われているようにいろいろと不透明な部分があるのも事実なので、その辺りを理解した上で契約をしましょう。

6:クラウドSIMモバイルWiFiルーターでスマホセット割はほぼないのでトータルでキャリア系モバイルWiFiルーターの方が安くなる場合がある

クラウドSIMモバイルWiFiルーターにおいてスマホセット割がある会社は現状当サイトがしる限りはありません。もし家族で回線を複数まとめている場合においてはキャリア系モバイルWiFiルーターを契約したほうがセット割引適用でトータルの通信量が安くなることもあります。

料金で比較する場合は自分が適用できるスマホセット割とその内容を含めて検討してもらうといいでしょう。

7:サービス名称は異なるが実際の回線、大元となる会社は同じことも多い。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターはサービス名称は異なりますが、実際にはよく調べてみるとある会社にたどり着くことが多いです。おそらく基本的なSIMの管理などは大元となる会社が提供しており、その代理店なのかもしれませんね。

せっかく同じような回線を利用しているのであれば安く購入したいと思うのでしっかり調べて、比較されることをおすすめします。

8:過去の事例から将来的にサービス内容が変わる可能性もある

クラウドSIMモバイルWiFiルーターは問題があった2020年春頃にはサービス内容を変更したり、サービス停止したりなどが相次ぎましたが今後も同じようなことがないとはいいきれません

ただクラウドSIMモバイルWiFiルーターだけでなくキャリア系モバイルWiFiルーターでもサービス内容は変更する可能性がないわけではありません。

もちろんキャリアが提供するものになるとかなり世間の目などもあるので頻繁にあるわけではないでしょうし、あまり利用者にデメリットのある変更というのは考えにくいです。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターはそこまで世間の目があるわけではない為か今後も規約などを変えることがある可能性はあります。

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの契約する場所の選び方と契約時の注意事項

  1. 不要なオプションは入らない
  2. プラン、会社が豊富な為しっかり比較、検討する必要がある
  3. ネット契約が多いが店舗で取扱いがある会社もある
  4. クラウドSIMモバイルWiFiルーターの会社選びは特に慎重に
  5. 申込みはクレジットカード限定が多い※会社によって口座振替可もある

1:不要なオプションは入らない

クラウドSIMモバイルWiFiルーターの申込み方法はネット申込みが多いのとそもそもオプションが端末補償サービスぐらいなのとあまり多くはないので光回線や、モバイルWiFiルーターなどと比較すると店員さんからのゴリ押しや必須オプションに加入しないとキャンペーンが適用にならないなど不要なオプションを勧められるケースは少ないです

しかしそれでも念のため注意喚起として契約後のトラブルを減らすためにも不必要なオプションへの加入はしないようにしましょう。

2:プラン、会社が豊富な為しっかり比較、検討する必要がある

先ほども紹介しましたがたくさんのサービスが展開されており会社によってプラン料金、プラン内容が違えば端末の補償サービスの料金、内容も違います。細かいことでいえば解約金、解除に伴い端末を返却する必要があったり、初月が日割りの場合もあれば初月の日割りがない場合もあったりと様々。

これだけたくさんあると損をしない為に細かい部分も含めて比較、検討する必要があると思います。

3:ネット契約が多いが店舗で取扱いがある会社もある

対面販売がいいよっていう方でも一部会社ではクラウドSIMモバイルWiFiルーターの店舗販売をしている会社もあります。

数は多くはありませんがネット申込みをするよりも遥かに安心できる人もいるでしょうし直接質問しながら契約できるのはメリットです。

ネット申込みが心配な方は店舗で申込める会社を探しましょう。

4:クラウドSIMモバイルWiFiルーターの会社選びは特に慎重に

何度もいいますが会社選びは本当に慎重になったほうがいいです。WiMAXとかであればMVNOとしてWiMAXを販売している会社の規模はそこそこの規模がある会社ですが、クラウドSIMモバイルWiFiルーターは小さい会社も多いです。

小さい会社が信頼できないわけではありませんがいままでにいろいろな問題があったのも事実です。中にはちょっと信頼していいのか?という会社も正直あります。

会社選びは慎重になったほうがいいかもしれません。

5:申込みはクレジットカード限定が多い※会社によって口座振替可もある

モバイルWiFiルーターの多くはクレジットカード契約が必須というケースがあります。支払い方法がクレジットカードであれば特に気にする必要はありませんが、まだまだクレジットカードに対して苦手意識を持っているかたもいると思います。

そんな方は口座振替となりますが申込みできる会社が限られていますから最初に支払いできる方法を調べてからキャンペーンを探すなどをするといいかもしれません。

なお申込みする会社によっては複数の支払い方法に対応している場合もあります。希望する支払い方法があるのかどうか?で絞りこんでもいいかもしれませんね。

ホームルーターとは?

ホームルーターとは?

ホームルーターは置くだけWi-Fi、据え置き型インターネット、様々な呼び方で言われていますが配線がすっきりで、工事不要、即日インターネットが可能となる為2、3年前から特に人気が高い端末。

モバイルWiFiルーターとの大きな違いはバッテリーが搭載されておらず、AC電源に接続して利用します。

持ち運びはしないから手軽なインターネットをしたい、光回線がエリア外という方に根強い人気だが通信速度制限、そもそもの評判などを含めると当サイトはあまりおすすめしていない端末。

主な取扱い会社はUQコミュニケーションズ(WiMAX取扱い会社)、SoftBank(ソフトバンク)が主となっていましたが2021年8月にドコモから5G対応ホームルーターが発売予定でこれがかなり売れそうな予感がしています。

ホームルーターの特徴

  • モバイルWiFiルーターと比較して同じ回線でも出力が大きい傾向にある
  • 有線LAN接続の差込口がある
  • バッテリーは非搭載
  • 通信速度は光回線と比べると不安定
  • 通信速度制限がある
  • 工事不要、即日インターネット
  • 設定は光回線と比較すると簡単
  • 配線がごちゃごちゃしない

ホームルーターの失敗しない選び方と注意点まとめ

  1. ホームルーターはWiMAX、ソフトバンク、ドコモの3社で比較、判断する
  2. エリア確認は必須
  3. SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は評判が著しく悪いため基本はおすすめしない
  4. WiMAXのホームルーターをあえて選ぶ理由はかなり少なくなった※ギガ放題プラス加入できない
  5. 端末代金が発生する!場合によっては高額になりやすい
  6. 契約期間と端末の割賦期間に注意
  7. ホームルーターがおすすめな人は光回線がエリア外の人

1:ホームルーターはWiMAX、ソフトバンク、ドコモの3社で比較、判断する

ホームルーターは基本的にはWiMAXとソフトバンクの取扱いとなっていますがつい先日ドコモのホームルーターが発売となりました。この3社で比較検討してもらえばいいと思いますが、迷ったらまずはスマホセット割が適用できるかどうか?で判断してもいいかもしれません。

2:エリア確認は必須

エリアが対応しているかどうかの確認は必須です。

WiMAXは6月に発売する5G対応端末に関してはエリアも今までとはちょっと異なりますからしっかりとエリア確認を行いましょう。なおプラスエリアモードは月間通信速度制限の対象となる可能性がありますし、オプション料も利用した月は発生するので当サイトは利用を推奨していません。

ソフトバンク、ドコモも同様に利用できるエリアなのかの確認はしておきましょう。

もちろんエリアに対応していも使えるか?使えないかはその周囲の状況によって電波の入りが悪いなどありますから必ずしも利用できるわけではありません。

3:SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は評判が著しく悪いため基本はおすすめしない

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)に関してネットでも定期的に悪い評判が流れるなどあまりいい話は聞きません。

料金も結構高くなるのでSoftBankAir(ソフトバンクエアー)を購入するならソフトバンク光などの光回線の方がいいのでは?と当サイトは考えています。

もちろん悪い評判のほうが広まりやすいですし、しかしながら悪い評判だけではなく良い評判も中にはあってかなり通信速度がでたなどの話も聞きます。

一概には言えませんが悪い評判の方がよく聞くので当サイトは積極的にはおすすめしません。※そこまで悪いサービスではないと思っていますがあまりの評判の悪いので念のため

4:WiMAXの5G非対応ホームルーターはおすすめしない※ギガ放題プラス加入できない

2021年5月時点ではWiMAXの5G非対応ホームルーターはおすすめしません。

理由としては6月に5G対応端末が発売されるのと、5G対応端末だと従来よりも制限が緩和されているギガ放題プラスに加入できないからです。

従来であれば旧端末をあえて契約することで料金的なメリットがあるケースもありましたが今回のようなケースは旧端末(5G非対応端末)はおすすめしません。

利用量が多くなりそうな人であればあるほど制限が緩和されているギガ放題プラスに加入できる5G対応端末のモバイルWiFiルーターをおすすめします。

5:端末代金が発生する!場合によっては高額になりやすい

ホームルーターもモバイルWiFiルーターと同様に端末代金が発生します。割と高額な端末が多いく分割で購入して購入される方多いのではないでしょうか?

分割する場合においては約3年で分割するケースもあり実質的な縛りの期間が3年と長くなる傾向にあります。

特に分割した場合において3年未満で解約した場合においては解除料金+端末代金の分割の残りが請求されることになります。よってかなりの高額となる為、契約には慎重になる必要があるといえます。

6:契約期間と端末の割賦期間に注意

先ほどホームルーターは端末代金が別でかかることをお伝えしましたが端末代金はかなり高額な端末となっていますので分割を選択される方も多いと思います。

そこで注意したいのが契約期間と端末の分割期間の相違です。

契約期間が2年間で自動更新の場合で端末代金が3年とすると3年で端末分割が終わっても契約が一度更新されているので契約期間が1年残っています。もしここで解約してしまうと解約手数料が発生する可能性があるわけです。

このように端末の分割が終わっても契約解除料金が発生する可能性があるのでよく調べてから契約しましょう。※ただ最近では契約解除料金を見直す動きがあります。

7:ホームルーターがおすすめな人は光回線がエリア外の人

正直ホームルーターがおすすめな方は現時点では光回線がエリア外だったり、そもそも工事をしたくない、工事ができない人におすすめしたいインターネットといえます。

ただホームルーターでなくてもモバイルWiFiルーターでも工事不用でインターネットができますし、ホームルーターであれば自宅だけに利用が制限されてしまいますがモバイルWiFiルーターであれば外+屋内でもインターネット環境を作ることが可能となります。

利便性としてもモバイルWiFiルーターの方があるのでホームルーターにするのではなくモバイルWiFiルーターを選ぶというのも一つの手です。

もちろん適用できるキャンペーンなどによってはホームルーターにしたほうがトータル的なメリットがある場合もあります。

ホームルーターの契約する場所の選び方

  1. 不要なオプションは入らない
  2. 高額キャッシュバックキャンペーンは基本貰い忘れが多いからおすすめしない
  3. ネット契約は料金的にメリットはあるが説明が十分に聞けないデメリットもある
  4. ショップ、家電量販店だと契約して審査が通れば即日インターネットが可
  5. 申込みはクレジットカード限定が多い※口座振替可もある

1:不要なオプションは入らない

インターネット回線全般に言えることですが不要なオプションは最初から入らないようにしましょう。

後で外すから勧められたからといって最初は加入するという方もいるようですが、外し忘れだったりして損をする可能性を高めることになります。

要らないと思ったらどれだけ勧められても、キャンペーンで必須といわれても加入しないようにしましょう。

2:高額キャッシュバックキャンペーンは基本貰い忘れが多いからおすすめしない

ホームルーターに関しても高額キャッシュバックキャンペーンもありますし、注意したいのが解約料を一部もしくは全部負担してくれるキャンペーンです。

貰えるためには条件があるのでしっかりと確認することが大事になります。

正直高額であればあるほど条件は厳しくなり、貰う為の期間も長くなる傾向にあります。よってあまり当サイトはおすすめしていません。

3:ネット契約は料金的にメリットはあるが説明が十分に聞けないデメリットもある

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)も、WiMAXのホームルーターもネットで契約したほうが先ほど紹介したように料金的なメリットはありますが、自分で理解しないといけないなど難しい一面もあります。

特にSoftBankAir(ソフトバンクエアー)であればネット契約だけでなく、ショップでも取り扱っていますからかなりの場所で説明を受けながら契約することが可能となります。

よって不安な部分があったりネットで契約するのがちょっと不安という方であればショップなど家電量販店で対面で契約したほうがいいと思います。

WiMAXもソフトバンクほどではありませんが家電量販店やUQショップなどで取扱いがありますからネット契約が心配な方は店舗で契約を検討してみてもいいかもしれません。

4:ショップ、家電量販店だと契約して審査が通れば即日インターネットが可

先ほどショップ、家電量販店での契約は対面で説明が受けられる分人によってはおすすめという話をしましたが、対面販売であれば即日インターネットが可能です。

ネット契約では契約してから発送という手続きがあるため最短翌日、場所によっては数日かかることがあります。

どうしてもすぐにインターネット回線が欲しいということであればネット以外の対面販売がおすすめです。

5:申込みはクレジットカード限定が多い※口座振替可もある

WiMAXのホームルーターの申し込みに関してはクレジットカード限定が多いです。そもそもWiMAX自体はクレジットカード払いで月々を払うことが多く、クレジットカード縛りが多い傾向にあります。

ただネットのキャンペーンなど一部契約方法であればクレジットカードでなくて口座振替での契約を受け付けてくれるところもあります。

全てのインターネット契約における確認事項や注意点まとめ

  1. 初期費用、月額料金、解約料金、更新月の有無などお金が関係する部分はしっかりと確認しておく
  2. 不要なオプションは入らない
  3. 高額キャッシュバックキャンペーンは貰えない可能性が高いのでおすすめはしない
  4. 初期契約解除制度について理解をしておく
  5. 重要事項説明書などは隅々まで読む、気になることは確認する
  6. 契約する場所によってトータルの料金が違う。ネット契約がキャンペーンがお得となるのでおすすめ
  7. ネット契約は自分で理解し、把握する必要があるので心配な方は店舗(ショップ、量販店)などで説明を受けたり、契約するのがおすすめ

初期費用、月額料金、解約料金、更新月の有無などお金が関係する部分はしっかりと確認しておく

どのインターネットを契約するにしても必ずお金が関係する部分だけはしっかりと確認、把握しておきましょう。

インターネットを契約したときに発生するお金とは以下の通りです。

  • 端末費用※ホームルーター、モバイルWiFiルーター、工事費用※光回線など固定回線
  • 契約事務手数料
  • 契約時郵送の場合は送料
  • 月々の基本料金
  • オプション料金
  • 解約に係る料金

このような料金は必ず契約前に把握しておく必要があります。さらに注意したいのが基本料金も契約月、などによって変動するタイプもあります。

よくあるキャッチコピーだと○○○ 最安値級など書いてあるけど実際には最初の月は安くしておいて後で料金が高くなるなんてところも。

料金に係るところが最もトラブルになりやすいのでしっかりと確認、理解しておくことが必要といえます。

不要なオプションは入らない

このページでは各項目において何度も紹介していますが不要と思えるオプションはどれだけ勧められていても、キャンペーンで必要だからと言われても加入しないようにしましょう。

初月無料ですぐに解約すればお金がかからないような提案をされることもありますが、実際には解約忘れをすることも考えられます。

よって最初から加入しないということを当サイトはおすすめします。

あとはキャンペーンを適用するためにオプションに加入する必要があると言われることがありますが、そのようなキャンペーンはできる限りやめた方がいいキャンペーンに該当します。

高額キャッシュバックキャンペーンは貰えない可能性が高いのでおすすめはしない

こちらも当サイトでは何度もお伝えしていますが高額キャッシュバックキャンペーンに関しては受取れない可能性が高くなる為当サイトは最初からおすすめしていません。

貰えないというのは基本的に貰う為の条件をクリアしていない場合に該当します。

貰うためには一定の期日が来たら手続きをする必要があるなどで、契約者側が申請し忘れているなどのケースがよくあるそうです。お金のことなのに忘れるのか?と思われるかもしれませんが、契約してから受取るまでの期間が長いだけでなく手続きしなければいけない期間も短かったりします。

もちろん中には貰える方がいるので自分がしっかりと手続きできる自信があれば契約しててもいいと思います。

初期契約解除制度について理解をしておく

万が一なにかあったときのことを考えて申込みするまえにはすべてのインターネット契約に関係する初期契約解除制度に関しては理解しておきましょう。

初期契約解除制度は契約してから(※厳密には違う場合もある)8日以内の解約においては無条件で解約することができるというものです。

ただし無条件の解約といえど手数料や端末代金が発生することもあります。

特にインターネット回線の契約は聞いていない、話が違うなどのトラブルが多いですからこの制度のことは知っておきましょう。

なおこの初期契約解除制度は店舗であればスタッフさんが、ネット契約では必ず同意する必要がある内容なので事前に説明がある項目となります。

注意したいのはネット契約で自分で理解する時にはどのような内容なのか?しっかりと読み理解する必要があるというところでしょうか。

重要事項説明書などは隅々まで読む、気になることは確認する

こちらも必ず説明がある部分ですが重要事項説明書などの契約書類は必ず隅々まで読みましょう。

確かに内容はむずかしいですし関係ない部分もあるので全てを読むのは億劫になるかもしれませんがトラブルを減らすためには大事なことだと当サイトは考えています。

契約に関する重要なことが記載されていますから料金、解除料金、速度制限などについてはしっかりと記載されています。読むことで理解も深まるのでぜひとも隅々まで読むを実践しましょう。

契約する場所によってトータルの料金が違う。ネット契約がキャンペーンがお得となるのでおすすめ

インターネット契約は契約する場所によって同じようなサービスでも料金が違います。料金だけでいえば正直ネット契約のほうがおすすめですが説明が少なく、自分で理解する必要があるなどデメリットもあります。

ただしキャンペーンなどでは先程も紹介したように高額キャッシュバックキャンペーンは貰えない人も多いなどちょっと注意する必要がある契約もあります。

さらに説明が少ないなどのデメリットもありますから自分でしっかりと契約内容を理解、把握できるような方でないとネット契約はおすすめできません。

ネット契約は自分で理解し、把握する必要があるので心配な方は店舗(ショップ、量販店)などで説明を受けたり、契約するのがおすすめ

先ほども紹介したようにネット契約のがトータルコストが低いことが多いです。

しかし当サイトは人によっては家電量販店、店舗などで販売員から説明を受けながら契約することをおすすめしています。

特にインターネットの契約はかなり難しい項目も多くネット契約だと自分で理解しなければなりません。説明を聞いて契約するのであれば特にあまりインターネット契約をしたことがない、理解するのが苦手という人にはおすすめの購入方法といえます。

結局どのインターネット回線がおすすめなのか?

インターネットを探している人に対して少しでも参考になったらと思ったらかなり長くなってしまいました。

長々と読むのは面倒という方に現時点において当サイトはこのようなインターネット回線をおすすめしています。

  • 加入できないなどの特別な理由がなければ光回線が一番おすすめ
  • 光回線はスマホセット割が適用できるプロバイダを選ぶ※スマホのキャリアとプランによって異なる
  • モバイルWiFiルーターをメイン回線とするなら基本はWiMAX
  • モバイルWiFiルーターをサブ回線として考えているなら楽天モバイル
  • クラウドSIMモバイルWiFiルーターはたくさんの会社、プランがあり選ぶのが難しいが人によってはおすすめできる
  • ホームルーターは光回線がエリア外の人におすすめ※ただしモバイルWiFiルーターのが利便性が高いのでおすすめ

状況次第では今後変わる可能性はありますが、これが現時点でおすすめしたいインターネット回線といえます。

 

 

error: Content is protected !!