WiMAX夜になると速度が遅くなる?【理由と対策】

  • 2021年5月15日
  • 2021年9月16日
  • WiMAX
WiMAX夜遅い

WiMAXを利用している人で夜になると通信速度が遅くなると思う方もいるようです。ここではその理由と対策に関して紹介していきたいと思います。

夜に遅くなる理由と対策

WiMAXを利用していて夜に通信速度が遅くなる原因として可能性が高いのはこれだと思います。

  • 通信速度制限の対象となっている

速度制限であれば理解はしているから違うと思うという方でも制限となるタイミングを勘違いしているケースもあります。その辺りも含めて解説していきます。

あとは可能性は低いけどありえるのはこの2つ

  • バッテリー節約モードになっている
  • 周辺でWiMAXを利用している人が多く通信が圧迫している

可能性としてはこれらが考えられます。上記の3つに関して解説と対策を含めてご紹介していきたいと思います。

可能性大!通信速度制限の対象となっている

夜だけ通信速度が遅くなったいうケースにおいて一番考えられるのが3日間の通信速度制限の対象となっているケースです。今3日間の通信速度制限はプランによって内容は異なりますが、

  • ギガ放題であれば3日間の通信量が10GB超えたら翌日制限
  • ギガ放題プラスであれば3日間の通信量が15GB超えたら翌日制限

月間通信速度制限とは違って使っているデータモード関係なく通信速度制限の対象となります。

さらに通信速度制限が行われる時間帯と日数は3日間で10GBもしくは15GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯と言われています。

このネットワーク混雑時間帯とは18時頃~翌2時頃とされておりみなさんが仕事から帰ってきてネット回線を利用する時間帯となっています。

もしこの時間帯に通信速度が遅くなったと感じるのであればあなたの端末が通信速度制限の対象となっている可能性が非常に高いです。通信速度制限なんて知っているよって方でももしかすると制限になるタイミングを勘違いしている人もいるかもしれません。

制限は3日間の通信量が所定の値を超えた日の翌日から適用になり3日間のデータ量が10GBまたは15GBを下回ったら翌日から解除、ただし3日間の制限が解除されてもトータルでまた10GBまたは15GBを超えたら制限が行われます。

表をつくってみましたが10GBで制限となるケースにおいてはこのような時に制限の対象となります。

1日の通信量 3日間のトータル通信量 制限の有無
1日目 +3.0GB 3.0GB 3日間制限はなし
2日目 +3.0GB 6.0GB 3日間制限はなし
3日目 +5.0GB 11.0GB 3日間制限はなし
4日目 +1.0GB 9.0GB ネットワーク混雑時間帯に制限
5日目 +5.0GB 11.0GB 3日間制限はなし
6日目 +3.0GB 9.0GB ネットワーク混雑時間帯に制限

もしかすると10GBを利用した日に制限にされると勘違いされている方もいるかもしれないので紹介しましたがこのようなタイミングで制限となります。

そしてあなたがWiMAXを利用していて夜に通信速度が落ちると感じるのであれば一度遅くなったと感じた時に通信量を調べてみるといいかもしれません。

端末によっては目視でデータ量を確認することができる通信量カウンタが搭載されている端末もあります。精度に関しては若干の誤差があるようですが大きくは相違はないはずです。

通信速度制限が原因の時の対策

細かい対策を含めたらたくさんありますが大きくわけると現状はこの3つになると思います。

  1. 通信量カウンタを利用して制限とならないように調整する
  2. 動画サイトを利用するときは画質を落とすなどの節約をする
  3. ギガ放題を利用であればギガ放題プラスの端末に機種変更する

①や②というのは既にやられている方もいると思いますが基本的には通信量をどれくらい利用しているかの確認と通信量の節約が基本的な対策だと思います。

しかしながら昨今はWiFiを利用してやれること、やりたいことが増えている現状もありますから中々難しいかもしれませんが自分にあったデータ量の節約方法を考えてもらうといいかもしれません。

特に今であれば③のギガ放題→ギガ放題プラスにすれば3日間の通信速度制限が10GB→15GBになりますから3日で10GB前後の人であれば非常に有効な方法だと思います。もちろん契約期間などの兼ね合いもありますが人によっては機種変更を考えてもいいかもしれません。

ただしたった5GB増えたところであまり変わらないケースもありますから解除料金を払ってまで積極的に機種変更したほうがいいか?といえばそうではないと思います。

あとあまりにも頻繁に制限の対象となっている方であればそもそもWiMAXではなく別のネット回線も含めて検討してみてもいいかもしれません。

バッテリー節約モードになっている

可能性としては少ないですがWiMAXのモバイルWiFiルーターを利用している方で端末によってはバッテリー節約モードを使っている場合だと通信速度が遅くなるケースがあります。

細かく説明すると例えばWX06という機種があるのですがこの端末には省電力モードという機能が搭載されています。このモードの中には

  1. ハイパフォーマンスモード
  2. ノーマルモード
  3. エコモード

とありハイパフォーマンスモードだと通信速度に影響はなく快適に利用できるモードで、ノーマルモードはバッテリー残量が十分にある場合には速度が遅くならずに利用できるが電池残量が少ない状態では通信速度を制限してバッテリーを長持ちさせるモード、エコモードは通信速度よりも電池残量が長くなるような設定となっています。※機種によって違うのでお使いの機種の省電力機能を確認してみましょう。

もしあなたがノーマルモードに設定しているのであれば夜に通信速度が遅くなる原因がこの節約モードの設定によるものの可能性があります。

持ち運んで利用する方であれば1日の終わりである夜の時間帯に電池残量が少なくなってきたことが要因で端末側が電池残量を優先して速度が制限されているということが考えられるからです。

バッテリー節約モードになっていることで速度が落ちている対策

  1. 設定を変更する
  2. こまめに充電、モバイルバッテリーなどで電池残量が減らない工夫をする

もしバッテリーのモードと残量が要因で速度が低下しているのであれば設定を変えるかバッテリー残量を減らさない方法が対策といえそうです。

モバイルバッテリーなどを利用してこまめに充電してもいいと思いますしハイパフォーマンスモードにしてもいいと思います。ただハイパフォーマンスにすると電池残量はより早くなるので充電ができないなどの人によっては変更には注意も必要です。

ただあなたがエコモードでも普通に利用できているのであればあえて通信モードをハイパフォーマンスやノーマルモードにするのではなく最初からエコモードにしてみてもいいかもしれませんね。

周辺でWiMAXを利用している人が多く通信が圧迫している

可能性としては少ないと思いますがこれも通信速度が遅くなる原因の1つです。

通信が遅くなる理由としてイメージしやすいのが人が多い駅構内、ショッピングセンターなどにおいてはネット通信を行う人が多いので通信速度が著しく遅くなります。

特に時間帯によって遅くなることが理解しやすいのが普段は通常通り利用できけど会社や学校などの昼休みなどで通信速度が遅くなるケースです。これは休みになって人が一気に通信を利用することで通信が圧迫されて速度が低下します。

ここまで極端ではないと思いますが、特に夜とかであれば仕事などから帰ってきてWiFiを利用してインターネット接続をするという人も増える時間帯ではあるので近いようなことが起きる可能性はあります。

もちろん同じ通信を利用する人の数、通信量などにもよりますがこのような状況がもしかするとあなたの周囲で起きているかもしれません。

通信が圧迫している時の対策

  • 通信モードを切り替える

通信が圧迫している時の対策は通信モードを切り替えてみることが挙げられます。利用するWiMAX2+からau 4G LTEにすることでもしかすると回避することができるかもしれません。※あくまで可能性の話ですので必ず回避できるわけではありません。状況によりけりだと思います。

なお通信モードによってはオプション料が発生するなどデメリットがあるので手軽に、気軽に切り替えるのではなくしっかりと検討してから切替えてみましょう。

他に原因がある場合も?

いろいろ調べても原因がわからない時は、そもそも本当に夜に通信速度が落ちているのか?を調べる為にまずはスピードテストを行って調べてみてもいいかもしれません。

注意点としてはスピードテストを行うと通信量を結構消費することもあるのと、スピードテストのサイトによっては通信速度にバラつきがあることもあります。

できれば何回も計測するのが望ましいです。

もしスピードテストを行った結果昼間と夜とで通信速度に差があるようであればなんらかの原因があるわけですがそうでないのであればデバイス側だったりサービス側の環境だったり別のところに問題がある可能性もあります。

原因がわからない時は?

いろいろ調べてみても原因がわからないということもあるかと思います。そんな時は契約しているWiMAXのサポートセンターに問い合わせしてみてもいいかもしれません。

問い合わせる先はご自身が契約しているWiMAXで問い合わせをする必要がありますが一度確認することで原因がわかる場合もあります。

例えば自分では通信速度制限になっているとは思っていなかった場合でも3日間の通信速度制限になっている場合もあったりしますし聞くことで何かわかるかもしれません。

頻繁に遅い場合はインターネットの乗り換えを検討してもいいかもしれない

頻繁に通信速度が遅くなって困っているという人であれば契約解除料金などの兼ね合いもありますがインターネット回線の乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

通信速度が遅くかつ夜という一番インターネットを利用するであろう時間帯に通信速度がでないのはかなりのストレスを感じると思います。

いろいろ調べても改善できないなどであればいっそのこと乗り換えてしまうのがいい時もあります。一度検討してみてはいかがでしょうか?

なおもしあなたが契約したばかりであれば初期契約解除制度を利用をしてもいいかもしれませんが初期契約なので日数は短いです。いろいろ調べている暇もなく期限がくるのでも初期契約解除制度の利用ははやめの決断をおすすめします。※手数料などは契約会社側などにはしっかり確認しておきましょう。

まとめ

  • 夜だけ遅い理由で一番可能性が高いのが3日間の通信速度制限
  • 通信速度制限が行われる条件とタイミングを再度確認してみましょう。
  • 可能性は低いが端末のバッテリー節約モードの設定が影響している場合も
  • さらに可能性は低いが周辺環境の影響を受けている可能性もある
  • どれくらい速度が落ちているかスピードテストを何度か実施してみてもいいかも
  • 原因がわからない時はWiMAXを契約した会社のサポートセンターに電話してもいいかも
  • あまりにも頻繁に速度が低下しているのであれば乗り換えを検討してもいいかもしれない

 

error: Content is protected !!