WiMAXルーターX11 NAR01は買い?クレードルは…【5G】

  • 2021年10月13日
  • 2021年10月16日
  • WiMAX
Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01

このページでは2021年10月15日発売のWiMAX+5G対応 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01について解説していきます。あと気になるクレードルに対する当サイトの考えも紹介。

Speed Wi-Fi 5G X11の概要

WiMAXの5G対応モバイルWiFiルーターで2機種目となったのがNECプラットフォームズ製のSpeed Wi-Fi 5G X11。

まだ発売前ですが端末のスペックなどから解説していきます。なおしばらくはGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと並行して販売していくこととなるはずですから比較しやすいようにGalaxy 5G Mobile Wi-Fiも一緒に紹介します。

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
発売日 2021年10月15日 2021年4月8日
メーカー NECプラットフォームズ製 サムスン
対応通信 5G、4GLTE、WiMAX2+ 5G、4G LTE、WiMAX 2
下り最大速度※一部エリア 2.7Gbps 2.2Gbps
上り最大速度※一部エリア 183Mbps 183Mbps
サイズ 約W136xH68xD14.8mm 約W147×H76×D10.9mm
重さ 約174g 約203g
ディスプレイ 約2.4インチ カラー 約5.3インチ カラー
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh
連続通信時間 ノーマルモード約490分(初期設定時) 連続通信時間:約1,000分(初期設定時)
充電時間 約190分(別売りアダプタ使用時) 約140~160分(別売りアダプタ使用時)
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
WiFiテザリング台数 最大16台 最大11台
本体色 チタニウムグレー、スノーホワイト ホワイト
Body-SAR値 1.175W/kg 0.417W/kg
対象プラン ギガ放題プラス ギガ放題プラス
その他 アンテナ付クレードルあり※有料オプション
端末代金※2021年10月12日時点UQオンラインストアより 一括/21,780円、36回払い/月605円 一括/21,780円、36回払い/月605円
クレードル代金 3,795円

※https://www.uqwimax.jp/wimax/products/galaxy_5gmw/参照

※https://www.uqwimax.jp/wimax/products/nar01/参照

メーカー

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
メーカー NECプラットフォームズ製 サムスン

WiMAX5G対応のモバイルWiFiルーターとして最初に選ばれたメーカーがサムスンということで正直驚いた人も多かったと思います。WiMAX2+の時は一度も取扱いがなかったのにも関わらず最初に採用してきたのはちょっと意外でした。

しかし5G対応端末2機種目としての今回の端末は待望のNECプラットフォームズ製です。

今までの経験上から端末メーカーは重要だと思っています。変な会社だと不具合が多かったり相性なのか端末の電波の掴み具合なども悪かったりすることも。

しかしNECプラットフォームズはその逆でWiMAXと相性の良さが伺える会社であり実績も多数ありますからメーカーとしては期待していいと思います。

対応通信

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
対応通信 5G、4GLTE、WiMAX2+ 5G、4G LTE、WiMAX 2

この端末も前回モデル同様に『WiMAX+5G』に対応していること、そして加入できるプランが『ギガ放題プラス』になります。

なおWiMAX2+通信に関しては徐々に最大通信速度が遅くなっていく予定となっています。一応覚えておくといいでしょう。

下り最大速度、上り最大速度※一部エリア

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
下り最大速度※一部エリア 2.7Gbps 2.2Gbps
上り最大速度※一部エリア 183Mbps 183Mbps

下り最大通信速度に関してはGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと比べると速い通信速度となっています。

ただこれに関しては当サイトでは何度も言っていますがまず最大通信速度というのはまずでませんし、使う場所など環境によって実際の通信速度は違ってきます。

しかし同じ料金を払うのであれば通信速度が速い方が何かとおすすめ。※対応しているかどうかエリア確認は必要ですが。

重さ

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
重さ 約174g 約203g

端末の重さは174gということで5Gルーターの中では他社も含めて考えると軽い部類に入る端末(例:ワイモバイルA102ZT、ソフトバンクA101ZTは240g)となっています。

ちなみに現状5G対応ルーターで一番軽いのはdocomoのWi-Fi STATION SH-52Bで約166g。その前に発売したドコモの5G対応端末Wi-Fi STATION SH-52Aは約268g

ディスプレイ

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
ディスプレイ 約2.4インチ カラー 約5.3インチ カラー

ディスプレイは端末の大きさの割に小さい印象を受けますが一応カラーディスプレイ搭載されています。

ディスプレイがないモバイルWiFiルーターは非常に利便性が悪いのでディスプレイがあるのは嬉しいですね。

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
本体色 チタニウムグレー、スノーホワイト ホワイト

色ですが前回のGalaxy 5G Mobile Wi-Fiがホワイトのみでしたが今のX11はチタニウムグレー、スノーホワイトとなっています。チタニウムとかスノーとかはちょっとよくわかりませんが普通にカラーバリエーションがあるほうが選ぶほうとしては嬉しいですからね。ただレッドとかピンクとかは昔あったようにそういった色もあるともっとよかったかもしれませんね。

バッテリー容量、通信時間

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh
連続通信時間 ノーマルモード約490分(初期設定時) 連続通信時間:約1,000分(初期設定時)
充電時間 約190分(別売りアダプタ使用時) 約140~160分(別売りアダプタ使用時)

ちょっと辛口となりますがバッテリー容量は正直物足らないですね。5G対応しているので通信量は多くなったり消費する電力はWiMAX2+と比べると多くなる傾向だと思います。

最低でも5,000mAhぐらいあるとうれしかったのですが4,000mAhという結果になっています。

あとは通信時間は初期設定時のものとなるので参考までになりますがかなり差があります。もちろんバッテリー消費モードは各端末に搭載されているはずですから、うまく活用すれば長持ちすることとなります。

ちなみに充電時間に関してはどちらも別売りアダプタを活用することで今までよりも早く充電することが可能となっています。

バッテリー容量は少ないのですがモバイルバッテリーなどを活用したり、バッテリー節約機能などの設定をすることで対処することができます。

WiFi規格、WiFiテザリング台数

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
WiFiテザリング台数 最大16台 最大11台

今回最大の特徴といっても過言ではないのがWiFi6(OFDMAは非対象)に対応しているという点です。あとで特徴を簡単に紹介しますがこれによって同じ端末代金で同じ特典内容であればGalaxy 5GではなくSpeed Wi-Fi 5G X11 NAR01をおすすめします。詳しくは後で紹介します。

対象プラン

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
対象プラン ギガ放題プラス ギガ放題プラス

この端末の最大の特徴は5Gに対応していることですが5G端末からは『ギガ放題プラス』が対象プランとなります。

関連記事

このページでは先日発表となったWiMAX+5G対応機種が加入できる新プランである『ギガ放題プラス』と、5G対応端末が利用できる『プラスエリアモード』の概要、注意点などをまとめてみました。 5G対応端末は今までと料金プランが違う? […]

WiMAXギガ放題プラス注意点

ギガ放題プラスになったことで様々な点が変更になっており、特に通信速度制限が緩和されているなど消費者にとっては嬉しいプランとなっています。

Body-SAR値

端末名 Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Body-SAR値 1.175W/kg 0.417W/kg

Body-SAR値というのはどちらも基準値を満たしており大小で決めるものではありませんが一応比較の為に紹介だけしておきます。高いから悪いというわけではなくどちらも問題ないよっていう考えでいいと思います。

人体に吸収される電波の平均エネルギー量を表す比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)で定めており、通信デバイスに対するSARの許容値は2.0W/kgです。<引用:https://www.uqwimax.jp/signup/body_s/より>

端末代金

現時点では端末代金は不明です。おそらく今までの経験上NECプラットフォームズ製が高いイメージはないので同等の価格で販売されると思います。

Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01は買い!その理由

発売前ですがその内容からGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと比較してもSpeed Wi-Fi 5G X11 NAR01は結論からいえば買いです

その理由は以下のポイントだと思っています。

  • WiFi6対応
  • NECプラットフォームズ製
  • 5G対応にしては軽いモバイルWiFiルーター
  • 2色から選ぶことができる
  • WiMAX2+の最大通信速度440Mbps→220Mbpsに低下

WiFi6対応

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiと比較してもSpeed Wi-Fi 5G X11 NAR01の大きな違いはWiFi6対応しているかしていないかの違いだと思います。WiFi6については単純に従来の規格よりも高速通信を可能にしているので対応しているしていないではしていた方が絶対にいいと思います。

速度が遅いよりはみなさん速い方がいいと考える人の方が多いと思いますからこれだけでもこの端末を選ぶ価値はあると言えます。

ただ注意したいのがOFDMA非対応という点。

OFDMAは1つの通信で複数台の端末と接続して通信効率がアップする為、通信速度が落ちにくい技術です。家族で利用するなどはあまりおすすめはしませんが複数人で接続する時にはこの機能があるとより速度を落とすことなく利用できるので搭載してほしかったのですがこの機能は非対応ということになっています。

ちなみに同時に発表になった2021年11月発売のSpeed Wi-Fi HOME 5G L12はOFDMAに対応しています。

NECプラットフォームズ製

よく知らないメーカーよりもNECがついている会社の方が安心するという方も多いのではないでしょうか?他にも昔から電波の掴みなどの相性がいいイメージがあるのでNECプラットフォームズ製というだけでかなり優良端末だと思っています。

ただ今まで使ってきた感覚だと動作部分については他メーカーの端末のが滑らかな印象は受けます。

まだ発売前なのでこの端末がどのような操作性なのかはわかりませんが、スマホのように常に操作することはないと思いますし新しい端末ですからきっと改善されているとことでしょう。

それよりは今までの実績とNECというブランド名がついている辺りでおすすめの端末といえそうです。

5G対応にしては軽いモバイルWiFiルーター

公式サイトには軽量モバイルルーターと記載してあるように5Gルーターにしては軽量のモバイルルーターです。

持ち運ぶとわかりますが結構重さって気になるんですよね。常に持ち運ぶのであればできる限り軽い方が負担も少なくなるのは間違いないので軽ければ軽い方がいい端末だと思っています。

ただ新しい通信方式はバッテリー容量の消費が多くなるので端末の重量が増えるのはどちらかといえばしょうがない部分もありますがそんな中でも5G対応している中では軽量のモバイルWiFiルーターとなっておりおすすめ

2色から選ぶことができる

カラーバリエーションが前回端末はホワイトだけと少なかったのですが今回は2色から選ぶことができます。色って端末選びで重要視する人もいると思うので2つから選ぶことができるのはおすすめポイントといえますね。

WiMAX2+の最大通信速度440Mbps→220Mbpsに低下

まだ会社によってはWiMAX2+にのみにしか対応していない端末を売っている会社もありますが正直購入は控えた方がいいと当サイトは考えています。

秋ごろからWiMAX2+で使っている通信を5Gに切替えることが決まっておりWiMAX2+の最大通信速度440Mbps→220Mbpsと段階的に切り替わっていきます。あなたが利用する場所がすぐに速度低下になるかはわかりませんが今後はどんどんWiMAX2+は縮小されなくなっていく方向性だと思います。

よって長く利用する予定であればできる限り5G対応している端末を購入がおすすめです。

人によっては5G端末を契約してもWiMAX2+の対応エリアだった場合は恩恵を受けるどころか通信速度が遅くなる?と考える人もいるかもしれませんがWiMAX2+を5Gに切替えているので速くなる可能性のが高いと思います。

ここが微妙!

  • 5Gエリアは一部!
  • 5Gなのにバッテリー容量が少ない
  • OFDMAは対象外
  • auスマートバリューmineは適用外?

5Gエリアは一部!

LTE、WiMAX2+が展開されたときもそうでしたが新しい通信に対応している端末が発売されてもエリアは一部のみにしか対応していないというのはよくあります。

サービスが開始してから経過しているので以前よりは使える場所が増えていますがまだまだ多くの人には5Gの恩恵を受けることは少ないかもしれません。

それでもWiMAX2+のみにしか対応していない端末よりも今であれば絶対に5Gルーターをおすすめします。エリアはいずれ拡大されるものですし長い間利用する前提であるのであれば尚更5Gルーターがおすすめです。

バッテリー容量は大きいが減りは早いかもしれない

バッテリー容量は4000mAhとなっています。5G通信は従来の通信よりもバッテリー消費量は増えるはずですが以前のモバイルWiFiルーターと比較してもそこまで多くなっているわけではありません。

バッテリー容量が少ない分重量も少ないのですがもう少しだけ容量が大きい方が消費者としてはありがたかったと思います。

なお電池の部分だけで比較するのであれば前回のGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの方がおすすめできそうです。

OFDMAは対象外

先ほども紹介したように同時に発表になった2021年11月発売のSpeed Wi-Fi HOME 5G L12はOFDMAに対応していますがこの端末には対応はしていません。

どうせなら対応してほしかったのですがこれについては残念ですね。

auスマートバリューmineは適用外?

auスマホとWiMAXの該当プランに加入している人が加入できるスマホ割引ですが、今のところこの端末が加入できるプランであるギガ放題プラスは適用外と記載されています。

もしかすると将来的には代わりとなる割引プランを用意されるかもしれませんが、現時点ではどうやら適用外みたいです。

世の中の流れとしてはスマホ+ネット回線を同様にすることで通信量を割引するというのが主流で、通信キャリアも力を入れている部分ですが意外にも適用外と記載されています。

WiMAXルーターX11 NAR01買うなら間違いない本家がおすすめ

当サイトではWiMAXをネットで購入するなら本家をおすすめしています。理由は高額キャッシュバックキャンペーンなどでは受取り方法が複雑でもらえない方が多いからです。

よって安心感、確実性が高いキャンペーンに加入したほうがいいという考え方です。

普通に家電量販店で普通に購入してもらってもいいと思いますし、高額キャッシュバックキャンペーンであれば受け取れる自信があるのであればそれでもいいと思います!

ただ当サイトではキャンペーンは正直弱いですが、WiMAXの本家UQコミュニケーションズをおすすめしています。

現状キャンペーン内容はまだわかりませんが恐らく5,000円キャッシュバックぐらいかな?と勝手に考えています。発売後にわかり次第追記していきます。

発売後の状況を見ていると端末代金に差はありませんがキャッシュバックで10,000円差があるようです。今のところ発売したばかりなのかキャッシュバックの対象端末に記載はないのでキャッシュバック非対象端末と考えて問題ないと思います。

UQWiMAX公式サイト UQ WiMAX

クレードルってどうなの?当サイトの結論は・・・基本必要なし

この端末の魅力の1つとしてアンテナ内蔵クレードルがオプション品としてあります。有料となりますが端末ページを見ているとかなり魅力的な内容となっており一緒に検討している人も多いのではないでしょうか?

NECプラットフォームズ独自の技術「Wウイングアンテナ」で高速かつ安定した快適通信を実現。クレードルを装着することで全方向の電波をキャッチできるので電波の弱い場所で通信がより安定します。※Wウイングアンテナは、NECプラットフォームズ株式会社の登録商標です。

全方向の電波をキャッチできるので電波の弱い場所で通信がより安定するとありますがここまで言い切っていいのか?ちょっと疑問に思えてしまいます。

当サイトの結論は正直アンテナに期待をして買うのであればやめたほうがいいと考えています。

理由としては過去にNECプラットフォームズ製のアンテナ搭載クレードルを何度が利用したことがありますが、正直効果を肌で感じることはありませんでした。販売員さんやWiMAXの中の人に確認した内容であれば弱電波でこそ効力を発揮すると聞いたのでわざわざエリアの際で弱電波の場所を探して何度か個人的に実験したのですが特に効果はなかったです。

あくまで私が使ったのは過去のアンテナ搭載クレードルですがそもそも電波の弱い場所でというのが気になります。

電波の弱い場所だったら仮にクレードルを利用しても満足できる通信速度でインターネットができないことも想定されますし、逆に電波が強い場所であれば通信を安定させるためのクレードルは必要がないと思います。

もちろん本来の使い方である有線LAN接続をしたいとか、置き場所としてクレードルが欲しいとかであればいいのですが電波の向上を目的として購入するのは博打要素が強くあまり意味がないかなと思います。

それよりは契約前にしっかりと電波があることの確認としてTryWiMAXを利用して実際の端末をレンタルして使ってみるとかの方がよっぽどか間違いないと考えます。

まとめ

  • 結論この端末は買い!
  • 待ちに待ったNECプラットフォームズ製
  • WiFi6対応なのが嬉しい
  • 5G対応にしては軽いモバイルWiFiルーター
  • アンテナ搭載クレードルは不要。それよりも実際に端末をレンタルし電波強度を確認したほうがいい
error: Content is protected !!