WiMAX支払方法で料金が違う?銀行口座引落しは損?

  • 2020年12月6日
  • 2021年5月18日
  • WiMAX
WiMAX銀行引落し

WiMAX(ワイマックス)を契約するときに月々の料金の支払い方法を決めなければなりません。
その支払方法によって月額料金やキャンペーンに差があります。このページでは支払方法によるメリット、デメリットを紹介していきます。

支払方法はクレジットカード限定ではない!

WiMAXはクレジットカード払いでないといけないと思っている方も多いです。理由としては家電量販店で契約するときにはクレジットカード払いでないと受付てくれなかったりネットで契約できるWiMAXのキャンペーンはクレジットカード払い限定が多いからだと思います。

クレジットカードを持っていない、作りたくないという方で諦めていた方も多いかもしれませんがクレジットカードがなくても銀行引き落としで申込める方法はあります

この方法は抜け道でも裏技でもなく正規の方法です。

ホームルーターも銀行口座引き落としで申込みできる?

結論からいえばできます。WiMAXのモバイルWiFiルーターでもホームルーターでも一部会社であればクレジットカード契約ではなく口座振替(銀行口座引き落とし)が可能となっています。

銀行口座引落しは損だらけ?

銀行口座があればWiMAXは契約できるといいましたがクレジットカードと口座引落しでは残念ながら口座引落しのほうが料金的に損しやすいです。
理由は大きく2つです。

  • キャンペーンに差がある
  • 口座振替による手数料が発生する

申込める会社が限られているだけでなく、申込める会社の中でもクレジットカード払いと口座引落しのキャンペーンに差があります。なぜ差があるかというと噂レベルですが回収率がクレジットカードと口座引落しでは違うらしく会社側が損しない為にクレジットカード縛りにしているみたいです。

キャンペーンに差があるだけでなく銀行口座引落しだと振替手数料が発生するので月々の支払いでもクレジットカードに比べて損といえるでしょう。

この2点があるので、もしあなたがクレジットカードを持っているなら口座振替よりもクレジットカード払いのがおすすめといえます。

銀行引き落としだと契約時に本人確認書類を提出する必要がある。クレジットカードだと携帯電話などの電話番号が必要。

クレジットカード払いはメリットだらけ

先ほど紹介したように銀行口座引き落としと比べるとクレジットカード払いのがお得といいましたが他にもメリットがあります。

  1. クレジットカードのポイントが貯まる
  2. 契約時の書類や手続きがかんたん

クレジットカードは使うカードによりますが100円=1ポイントのクレジットカードだと例えば月の支払が4,000円だったとすれば4,000×0.01×24(2年間)=960ポイント貯まります。

ポイント還元率によっても違いますが口座引落しでポイントが貯まることはありませんからこれだけでもクレジット払いのがお得といえますね。
さらに本人確認書類などの提出がないので口座引落しよりもクレジットカード払いのが手続きがかんたんです。

ちょっとしたことですが本人確認書類をアップロードするのが嫌だという人も多いでしょうからそういう方にとってもクレジットカード払いはおすすめです。

審査に違いはある?クレジットカード払いのが審査に通りやすい

一般的に言われているのがクレジットカード払いの方が審査に通りやすいと言われています。

その理由は既にクジレットカードの審査に通過しているのでそれなりの信用があるからです。

あとは審査のスピードも異なると言われておりクレジットカードは書類も少なく済む為審査が早いです。逆に銀行口座振替の場合だと書類が増えることでその分の確認作業や、そもそもの書類不備というのがある為クレジットカードよりも遅いことが想定されます。

クレジットカード払いでもWiMAXの審査に落ちるケースとは?

先ほどクレジットカード払いの方が審査に通りやすいとお伝えしましたがクレジットカード払いでも審査に落ちるケースはあります。

例えば料金の未納がこれに辺ります。料金を未納している場合だとかなりの確率で審査落ちすることがありますので申込みする前にはしっかりとクレジットカードの料金を払っていることを確認しておきましょう。

あと審査で落ちるケースとしてはあまりないかもしれませんが、有効期限切れのクレジットカードの場合は審査に落ちると思っていいでしょう。

申し込みする時におそらく気づくのでこのようなことはないでしょうが一応念のため申込みする際には確認しておきましょう。

デビットカードでも契約はできる?できない?

あくまで筆者が知る限りですが、現状WiMAXの契約はデビットカードではできないです。ですので銀行口座引落しかクレジットカードで契約をおすすめします。
クレジットカードを持ちたくないという人は銀行口座引落しで契約できるキャンペーンをおすすめします。

クレジットカード縛りのモバイルWiFiルーターは多い

昔からの傾向ですが利用料金の引き落としでクレジットカード払い限定にしているケースは多いです。クレジットカードを持っていない方であれば申込み時には必ず確認しておくといいでしょう。

クレジットカード作成時の審査における注意点、学生でも作れる?

クレジットカードを作ることで特典を受けることができますから最近では複数枚クレジットカードを所有している人も少なくありません。

利用用途別に使い分けたり、ポイント還元率が高いものをメインにして通販用としてクレジットカードを作ったりさまざまです。

もしあなたがクレジットカードを1枚も持っていないけどこれから作ろうと考えているのであれば以下の点に注意しましょう。

  • 携帯料金などの支払い遅延に注意!滞納は審査落ちの可能性が高い
  • 一度に何枚もクレジットカードを作らない

他にもありますが基本的にはこの2つはぜひ覚えておいて損はないと思います。

今であればクレジットカードを紹介しているサイトはたくさんあります。あと先ほど紹介したようにWiMAXなどモバイルWiFiルーターを契約するときにキャンペーンの適用をする為に学生さんでもクレジットカードを作ろう考えている人も多いと思います。一昔前のイメージだと学生だとクレジットカードは作りづらいイメージがあったと思いますが現在では学生向けクレジットカードなどの登場もあり審査に通りやすいクレジットカードも増えてきています。

ただあくまで学生といっても高校生以下は対象となりません。なお18歳以上~20歳未満の大学生の方ですと保護者の同意が必要となるケースもあります。

未成年でクレカを作りたくない!?でもクレカ限定のWiMAXに申込みしたいそんな時は?

20歳未満の方で新生活を迎える人にあたりWiMAXを考えているけどクレジットカードを持っていない!という方であれば親御さんを契約者にして利用者はあなたにするという方法が一般的だそうです。

理由は手続きで同意書が増える、料金面でお得だからだと思いますが一般的な手法といえるでしょう。

まとめ

  • WiMAXは申込する会社によってクレジットカード払い限定が多い
  • 会社によっては銀行口座引き落としが可
  • 銀行引き落としは手数料が発生する事も
  • トータルで考えるとクレジットカード払いがお得
  • クレジットカードを同時に何枚も作らない審査落ちる可能性が高くなる
  • 親を契約者にして利用者子供という方法も一般的
error: Content is protected !!