WiMAXは上り速度が遅い?上り速度が速いモバイルルーターは?

NO IMAGE

モバイルWiFiルーターは上り通信速度が遅い端末が多いって知っていますか?もしあなたが動画をアップロードするなど頻繁に行う場合には上り最大速度も重要視したほうがいいです。
このページではモバイルWiFiルーターの中で上り最大速度が速い端末、遅い端末を紹介していきます。

上り通信速度とは?

上り通信速度というのは基本的にアップロード時の速度だと考えてください。動画をSNSにアップする、メールを送信するなどがアップロードになります。

逆にyoutubeを観る、ネット検索、SNSを閲覧するなどはダウンロードになり下り通信速度というのが関係してきます。

端末毎によって表記は上り通信速度、または送信最大速度と異なりますが意味は同じでアップロード時の最大速度の意味です。

モバイルWiFiルーターは基本的に上り通信速度は遅い

少し前までは上り通信速度というのは必要とされるケースというのは少なかったのですが、最近では一般の人でも動画を撮影してSNSにアップするなんていうことも当たり前に行われています。

そこで昔であれば特に気にしなかった人も多かったアップロードに関しても重要視する人が増えているのではないでしょうか?

モバイルWiFiルーターに関しては昔から上り通信速度というのはあまり変化がない部分でどちらかというと下り通信速度ばかり速度アップしてきた歴史があります。

5G対応の最新端末によっては割と最大通信速度が速い端末も増えてきてはいます。ただ下り通信速度に比べると上り通信速度に関してはそこまで早くはありません。

モバイルWiFiルーターキャリア別上り通信速度比較

主要キャリアのモバイルWiFiルーターの上り通信速度(送信時速度)のみをまとめてみました。

キャリア名 端末名 上り通信速度
docomo  Wi-Fi STATION SH-52A 5G:送信時最大480Mbps 4G:送信時最大131.3Mbps
ソフトバンク Pocket WiFi 802ZT 上り最大46Mbps
ソフトバンク Pocket WiFi 5G A004ZT※2021年3月下旬以降発売 上り最大298Mbps
ワイモバイル Pocket WiFi 803ZT 上り最大46Mbps
WiMAX WX06 ハイスピードモード:上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:上り最大75Mbp
WiMAX W06 ハイスピードモード:上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:上り最大75Mbp
WiMAX※2021年4月発売 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 上り最大通信速度:183Mbps

このように比較してみると上り通信速度は下りと比較すると遅いことがわかりますね。

注意点としてはWiMAXに関してはハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)での利用をした場合の上り通信速度となっています。ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)での利用は追加で月額料金が発生する可能性があり多くの方はハイスピードモード(WiMAX2+)での利用が多いかと思います。となるとWiMAXは他の大手キャリアが取扱っているモバイルWiFiルーターの中でも上り通信速度が遅い端末といえます。

さらに4月8日から発売する5G対応端末については上り通信速度が最大で183Mbpsと早くなっています。

ただWiMAXに限らずもちろん他の端末でも利用エリアによっては上り通信速度が遅いケースも考えられますから、ご自身が利用するエリアが対応しているかどうか?上り最大通信速度で使える方法はなにか?などを確認しておくといいでしょう。

例えばdocomoのモバイルWiFiルーターに関して送信時最大480Mbpsというのはソフトウェアアップデート後の速度となっており、アップデートしていないと送信時最大278Mbpsが上限のようです。

このように端末の状態、エリアなどによって異なりますから事前に確認しておくことをおすすめします。

あくまで最大の通信速度

上記で最大の上り通信速度を紹介しましたがあくまでも最大の速度になるのであまり期待しないほうがいいかもしれません。

利用環境によって通信速度は変化するでしょうからあまり上記の値は参考にしないほうがいいでしょう。

安定した上り通信速度が欲しいのなら

動画などを頻繁にアップロードするという方であれば光回線などを利用したほうが圧倒的に速く、安定感があると思います。

特に最大の速度も速いのでストレスなく重たいデータなどでもアップできることでしょう。

もちろん外で利用したいという方であればモバイルWiFiルーターをおすすめしますが、自宅でアップロードするという方であればモバイルWiFiルーターよりも光回線での利用をおすすめします。

5Gは上り通信速度が速くなる?

docomoのモバイルWiFiルーターを見てもらうとわかりますが5G対応端末となっており上り通信速度も他と比べて圧倒的に速くなっています。

ソフトバンクの今年3月に発売予定の5G対応モバイルWiFiルーターに関しては速度計測中とのことですがかなり期待していいかもしれません。

一般的に大容量のデータのやり取りに適しているのが5Gと言われているので今後でてくる5G対応のモバイルWiFiルーターに関しては上り通信速度が速いものが増えてくることでしょう。

追記:4月8日に発売される予定のWiMAX 5G対応端末に関しては上り通信速度が向上しています。今後はWiMAX端末でも上り通信速度が5Gにより早くなっていくと思います。

5Gは上り通信速度が従来より速くなるけどエリアが狭い

5Gが本格的にスタートして1年ほどになりますが各キャリアのエリアはまだまだ狭いのでまだまだ利用者がその恩恵を受けられるケースは少ないといえます。

もしモバイルWiFiルーターを契約して上り通信速度を必要とする通信を行うのであればエリアは事前によく確認しておくことをおすすめします。

まとめ

  • 最近は上り通信速度を必要とする人も増えている
  • モバイルWiFiルーターは全般的に上り通信速度が遅い
  • モバイルWiFiルーターの場合利用するエリア、通信方式によって上り通信速度は違うので購入前によく調べるておくといい
  • 上り通信速度を求めるなら光回線がベスト
  • 5G対応のモバイルWiFiルーターなら上り最大速度は速い
error: Content is protected !!