モバイルWiFiルーターを病院で使用するのはNG?

モバイルWiFiルーター 病院

病院に入院される方でWiFiを使用したいと考えている人は多数います。病室で暇だからyoutubeを観たい、パソコンを持ってきて仕事をしたいなどたくさんのニーズがあると思います。
そこでモバイルWiFiルーターを契約したりレンタルするなど検討する方も多いようですが病院で持ち込んでも大丈夫なのか?このページでは病院でのWiFi事情について紹介していきたいと思います。

入院中モバイルWiFiルーターを利用したい人は多い?

入院する人がモバイルWiFiルーターを持ち込む理由としてはやはり空き時間の暇つぶしや、仕事を持ち込んだりしたい人だと思います。特にスマホのパケット量の上限が決まっているプランに加入している人にとってはWiFiがないとすぐに上限に達してしまう可能性があります。

筆者の知人が最近入院したのですがその時にWiFiがなかったのでスマホでyoutubeばかり見ていたそうです。その結果すぐにパケット通信量が上限に達してしまいパケット容量の追加を何度もしたと言っていたのでWiFiを利用したいという人は多いのでしょう。

結論:モバイルWiFiルーターを持ち込む際は病院側に確認、了承を得るべき

結論からいえば病院によって対応は異なります。モバイルWiFiルーターは携帯電話とほとんど同じような仕組みだから持ち込んでもいいのでは?と思いがちですがその判断は病院側に確認した方が間違いないといえます。なお私が過去に聞いたことがある病院では入院する際に利用できるか確認したら問題ないと言われた病院もあります。

ただ様々な病院があるので一切ダメなケースもあるかもしれません。必ず病院側に確認、利用許可を得ましょう

モバイルWiFiルーターを持ち込む時はエリア確認もしておこう!

病院側にモバイルWiFiルーターの持ち込み許可を得た時についでに利用できるキャリアも確認した方がいいかもしれません。病院の場所によっては一部通信キャリアが弱電などのケースもある為、使えるキャリアに関しての情報も一緒に確認するといいかもしれません。(例えばWiMAXは電波の入りが悪いとか、ソフトバンクが繋がりにくいとかです。)

実際に私の実体験でとある病院ではあるキャリアの電波の入りが悪かったことがあります。そのキャリアのモバイルWiFiルーターだと利用できない可能性が非常に高くなりますから事前確認をしておくと失敗が少なくなるかもしれません。

患者さんが利用できるWiFiを導入している病院もある!

例えば産婦人科とかでWiFiを導入して通院される方や、出産をされた方向けにWiFiを無料で提供しているところもあります。
利用する場合には飛んでいるWiFiを探してパスワードキーを教えて貰えれば接続することができます。

ただ患者さんに開放しているWiFiに関しては様々な人が接続できる為セキュリティが心配な面もありますから利用には細心の注意が必要です。

病院自体にWiFiがあっても患者さんようではなく業務用のWiFiを完備しているところはたくさんあるようです。

病院での利用でOKならおススメのモバイルWiFiルーターはコレ

病院での利用がどれくらいの期間なのかわかりませんが2年契約、3年契約があるモバイルWiFiルーターを契約するのはあまり得策とはいえません。

そこで当サイトなりに病院で利用される方向けにおすすめのモバイルWiFiルーターを3つ紹介します。

  • クラウドSIMモバイルWiFiルーター
  • WiMAXの公式レンタルサービスTry WiMAX
  • レンタルWiFi

クラウドSIM系モバイルWiFiルーター

クラウドSIM系モバイルWiFiルーターはたくさんの会社が取扱っていますがその中には契約期間が長いプランもあったり契約解除料金がないプランもあります。

長いプランではなく短いプランや契約解除料金がないようなプランがおすすめです。

あと個人的にクラウドモバイルWiFiルーターがおすすめの理由は3キャリアのSIMを利用しているのでエリアが不安な場所にある病院とかでも利用できる可能性が高いです。クラウドSIMというのは基本的に事業者側で最適な通信キャリアを選択してくれるものなので利用者が使おうとしている場所で最も電波強度が高い通信を利用できます。

特に地方でかつ山が近いような場所に病院がある場合だと電波が届くかどうかが気になりますが3キャリア使えるのであればかなりの確率で利用できるわけなのでおすすめといえます。

WiMAXの公式レンタルサービスTry WiMAX

当サイトとしてはTryWiMAXの利点は15日間無料で利用できるという点のみおすすめします。緊急性を要する場合とかだと申込みしてから端末が届くまで時間がかかる可能性もあるのであまりおすすめはできません。

他にも15日間無料で利用できると言っても端末自体が通信速度制限になっている端末が届くこともありえます。どういうことかというとレンタルサービスに利用する端末は他の人も使っているので前に使っていた人が通信速度制限の対象となる使い方をしていた場合にその端末を受取った人は速度制限となって利用することがあります。

レンタルサービスの性質上、同一月内に一台の機器を複数のお客さまが利用する場合があります。その場合、他のお客さまの通信量を合算した月内の総通信量が速度制限の対象となりますので、あらかじめご了承ください。またレンタルサービスをご利用中、動画配信、オンラインゲーム等データ量の多い通信の長時間のご利用はお控えください<引用:https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/より>

あとは最後に記載されているレンタルサービスを利用中においては動画配信などの長時間の利用は・・・とあります。このような表記があるので確実に満足に使えるかというとちょっと微妙かもしれません。

ただそれでも完全に無料というのは利用者側としてはありがたいことです。もしそれで利用してみてWiMAXがよければそのまま契約するというのもいいと思います。

レンタルWiFi

入院時に利用するのであれば間違いなくおすすめなのがレンタルWiFiサービスです。利用場所、契約場所にもよりますが即日発送をしてくれるので早ければ翌日には届きます。それに会社によっては店舗で受取りもありますからその場合だと即日利用ができるようになります。WiFi利用の緊急性が高い場合などにはレンタルモバイルWiFiルーターはおすすめといえます。

ただデメリットは月あたりの利用料金が割高になりやすいところだと思います。これを機に長くモバイルWiFiルーターを利用したいと考えている人であればレンタルよりもWiMAXなどのモバイルWiFiルーターを契約したほうがいいかもしれません。

まとめ

  • 病院でのモバイルWiFiルーターの利用は必ず病院側に確認、許可を得ましょう。
  • 病院での利用においてはレンタルWiFiがおすすめ!
error: Content is protected !!